フード・グルメ

女性に嬉しい美容要素たっぷり!ビーツの鮮やかミソスープ

女性に嬉しい美容要素たっぷり!ビーツの鮮やかミソスープ

色鮮やかなビーツ。今までは、一般的にあまり馴染みがない食材でしたが、最近は大型スーパーや一部の八百屋さんでも見かけるようになりました。ビーツは「飲む輸血」とも呼ばれ、血のめぐりを良くし、疲労回復や基礎代謝向上といった、体を美しく&強くする効果があると言われています。また、鮮やかな色からもわかるようにポリフェノール、食物繊維、鉄分が豊富で、特に女性にはぜひ取り入れてほしい野菜の一つでもあります。味は大根を甘くしたような風味で、みそと合わせると短時間でも煮込んだようなまろやかな味わいに。今回ご紹介するのは、ビーツを使った代表料理、「ボルシチ」風に仕上げたミソスープです!

調理時間 15~20分

2人分

  • ビーツ(小)...1個(150g) 手に入れば生のものを。なければ缶詰やビン詰めで代用OK
  • にんじん...1/2本
  • 玉ねぎ...1/4個
  • オリーブオイル...大さじ1
  • 信州赤みそ...大さじ...大さじ2弱
  • ブイヨン...400cc(途中足りないようなら水を足してください)固形ブイヨンでもOK
  • サワークリーム...適量
  • ディル...適量

作り方

  1. ビーツとにんじんは皮をむいて千切りに、玉ねぎは薄切りにする。
  2. 小鍋にオリーブオイルを入れ温め、切った野菜を炒める。
  3. 野菜がしんなりしてきたらブイヨンを入れ、少し煮てからみそを溶く。
  4. 器に盛ったら、サワークリームやディルを散らしてできあがり。

ビーツはまな板に色がつきやすいので、新聞紙の上で作業をするといいですよ。もしお近くのスーパーで見かけたらぜひ一度トライしてみてください! 美しい体内環境をつくるには、まず食事から改善していきましょう。凝った料理を何品も作る必要はありません。たった1杯のスープでも、工夫次第で十分な栄養が摂取できます。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

口尾麻美

口尾麻美

料理研究家

アパレル会社勤務後、イタリア料理店を経て現在に至る。旅で出会った食材、道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。Amazigh(自由人の意)の名のように、ジャンルにとらわれない料理を提案。楽しいはおいしい!キッチンライフを楽しくおしゃれにするアイデアを書籍、イベント、料理教室を通して発信している。『これだけで完全食 ミソスープ』講談社他。
問い合わせ:asamikuchio(a)gmail.com

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。