フード・グルメ

島豆腐に島ラッキョウ...石垣島「辺銀食堂」で素材の味を楽しむ!

島豆腐に島ラッキョウ...石垣島「辺銀食堂」で素材の味を楽しむ!

夏休みはもちろん、ちょっと休みが取れたら出かけたい場所といえば...
迷わず沖縄! しかも離島!

中でも沖縄・石垣島は、飛行機の直行便も急増中。
現地のおいしいものを食べに行きたくなりますよね~。

石垣島に行ったら、やっぱり訪れたいのは「辺銀食堂」。
大ヒットした調味料「石垣島ラー油」の辺銀さん(本名!)ご夫婦が経営するお店です。
石垣島に移住しながらも世界中のおいしいものを食べ歩く、
スーパー食いしん坊の辺銀さんご夫婦。
地元の食材を活かしながらも、ひねりの効いためちゃうまゴハンがいただけます。

まずは前菜。白ゴーヤー、スーナ(海藻)、トマト
ハンダマ、ナスとアンチョビ、ナーベラー...。

どれも少しずつ味付けが違うけど、共通するのは食材の味がいかされていること。

ふわふわの島豆腐のスープには、磯の香りがするフレッシュなあおさ入り。
好みでシークワーサーをかけたり、おいしい塩をパラリとふったり。

名物の三色餃子!
赤い皮は赤ピーマンが練り込まれている島らっきょうの餡、
緑の皮はほうれんそうを練り込んでいる島ねぎの餡、黄はウコンだったかな。
黒酢と、もちろん石ラーでいただきます!

サーターアンダギーは、沖縄を代表するデザート。
なんと水を一切使わず卵だけで生地をつくっているそう。
揚げたてサクサク。ヒパーツ(島胡椒)の甘い香りが最高~。

食べていると、心と体が元気になれる島の恵みの食事。
ぜひ現地で体験してみて!

「辺銀食堂」


住所:沖縄県石垣市大川199-1
電話:0980-88-7803
営業時間:11:30~売切れ次第閉店 18:00~(LO.22:00)
定休日:日曜、不定休
石垣港離島ターミナルから徒歩7分

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコ

フードブロガー

日々の飲み食いをつづったブログ「ツレヅレハナコ」管理人。呑んで食べて1000円の酒場から、諭吉が数枚飛んでいくフレンチまで、「豪快で色気がある店」をテーマに日々食べ歩いている。趣味は中東旅行と昼酒。家には「あんきも」という名の猫が一匹。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。