フード・グルメ

ニューヨークにある、お金が出てこないピンクのATMの意外な正体

ニューヨークにある、お金が出てこないピンクのATMの意外な正体

ニューヨークにあるかわいらしいピンクのATM。でも、実はお金は引き出せないのです。じゃあ、これって一体何なの?

ニューヨーカーが立ち寄る、ピンクのATMの正体


実はこのATMは、3月25日(火)にニューヨークに登場して話題になっている、24時間いつでも新鮮なカップケーキが食べられる自動販売機なのです。

残業で遅くなったときや仕事でランチをする時間がないとき、寝坊して朝食を食べられなかったとき、そして落ち込んで帰ってきてお店のレジで買物をしたくないとき......。働くニューヨーカーたちはいつでも気軽に素早く、美味しいカップケーキにありつけるというわけです。

ビバリーヒルズ生まれのカップケーキ屋さん

このATMは、「Sprinkles Cupcakes」という、ビバリーヒルズ生まれのカップケーキ屋さんがニューヨークに設置したもの。2012年に世界初のカップケーキATMがビバリーヒルズに設置され、今回ニューヨークにもやってきたのです。

もともと「Sprinkles Cupcakes」は、スイートクリームバター、チョコレート、ピュアバニラ、フルーツなど、新鮮な原材料から手づくりのカップケーキをつくり、「世界初のカップケーキ屋」「多くのカップケーキ屋がインスピレーションを得る場所」などと評され、アメリカでは人気が定着しています。

ATMの中には、760個ものカップケーキ

ATMでは、760個ものカップケーキを貯蔵し、他にクッキーなども選べます。また、ATMから出てくるカップケーキは、数時間前に製造されたもののみで、衛生面にも配慮されているので安心です。

使い方はまさに通常のATMと同じ。24時間無休でアクセスできて、画面をタッチしながら好きなカップケーキを選びます。すると、隣の小さな扉が開き、ひと箱ひと箱丁寧に箱詰めされたカップケーキが登場するのです。

始めたのは、女性パティシエ


Sprinkles Cupcakes

「Sprinkles Cupcakes」は、女性パティシエのCandace Nelsonさんが2005年にスタートさせ、現在ではアメリカ各都市に14店舗を展開。カップケーキだけでなく、アイスクリームやクッキーなども展開中です。

[ニューヨークの「Sprinkles Cupcakes」ATM]
住所:780 Lexington Ave, New York, NY 10065
Sprinkles Cupcakes

(下野真緒)
[cafeglobeより]

24時間いつでもおいしいカップケーキが食べられるなんて夢のよう。日本にも、ぜひ登場してほしいですね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。