フード・グルメ

フルーツたっぷり!美女大国ブラジルの朝ごはん

フルーツたっぷり!美女大国ブラジルの朝ごはん

以前にベルギーの朝ごはんを紹介した、東京・外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」。このたび、新しい朝ごはんメニューができたということで、行ってきました♪ 5月~6月は、2014W杯開催国ブラジルの朝ごはん! 南米の美女大国として有名なブラジル、朝ごはんにもキレイの秘密がありましたよ~!

店内には、コーヒ豆の袋や国旗など、ところどころにブラジルっぽい飾りが。写真は「フィタ」という、ブラジルの教会で売られているお守り。カラフルでカワイイ~♪

キッチン近くのカウンターには、今回のメニューでも使われているというブラジルの食材たちがズラリ。どんな朝ごはんが出てくるのか、ワクワク?

そわそわと店内を眺めているうちに、お待ちかね朝ごはんの登場です!
大きなパンとパパイヤがメインの「カフェ ダ マニャン」。ブラジルの朝ごはんって、けっこうボリューミー!

メニュー(写真上から時計回りに)

ポン・フランセース(ブラジル風フランスパン。ハムやサラミ、モッツァレラチーズを挟んで食べます)
ロミオとジュリエット(グアバの実のゼリーと、ミナスチーズを重ねて食べるブラジルの代表的なデザート)
フルーツ(パパイヤとスターフルーツ)
ボーロ デ フバ(トウモロコシ粉のケーキ)
ポン デ ケイジョ(キャッサバ粉を使ったパン)
※ブラジルのお菓子とブラジルのカフェラテ or アイスのマテ茶付き

では、さっそくいただきまーす!
スタッフの方によると、「パンは、叩いて潰してから食べるのがブラジル流!」とのことだったので、こんな感じで食べました。

今回のメニューの主役「ポン フランセース」。外はカリッ、中はモチモチの食感がたまりません! 中に挟んだチーズやハムとの相性もGOODです♪ ブラジルでは毎朝焼きたてのパンやハム、チーズをお父さんが「パダリア」と呼ばれるパン屋に買いに行くのが一般的なのだそう。毎朝焼きたてパンが食べられるなんて、ぜいたく~!

ブラジルでは朝ごはんにフルーツをたくさん食べるそうで、パパイヤもかなりビッグサイズ。パッションフルーツ・コンデンスミルク・ライムが入ったソースをかけていただきます。「朝のフルーツは金」と言われるように、朝ごはんにたくさん食べるフルーツがブラジル美人をつくる秘訣なのかも。

お店を出るころには満腹で、すっごくハッピーな気分♪ テイクアウトもやっているそうなので、ランチにもオススメですよ。

ちなみに、次なる朝ごはんは「インド」とのことで、またレポートしたいと思います! 次回もお楽しみに~。

今回の国:ブラジル
今回食べたメニュー:カフェ ダ マニャン(1,500円)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。