フード・グルメ

疲労感を吹き飛ばして美しさをサポートする、ルビー色のお茶のヒミツ

疲労感を吹き飛ばして美しさをサポートする、ルビー色のお茶のヒミツ

暦の上では、もっとも暑さが厳しくなる「大暑」を迎えました。いつもと同じように生活していても、暑いというだけで疲労を感じやすい時季です。その疲労感をためこんでしまうと、集中力の低下やイライラの原因になり、仕事や美容に悪影響を及ぼすことも。そうなる前に! お茶のチカラで疲労回復を促してあげましょう。オススメは、なんといっても「ハイビスカスティー」です。

ハイビスカスと聞くと、南国に咲く花が思い浮かぶかもしれません。でも、ティーに使われるのはそれとは別の食用品種。熱湯で抽出すると、美しいルビー色のティーが出来上がり、目が覚めるような強い酸味が特徴です。この酸味のもとであるクエン酸に、疲労をやわらげる働きがあります。また、赤い色に含まれるアントシアニンが疲れ目にも効果的、パソコン作業が多いときにも打ってつけです。

さらに、新陳代謝を高めて、体内の老廃物を排出する働きがあるので、二日酔い対策にも大活躍! むくみが気になるときや、デトックスしたいときにもオススメな飲み物です。

独特の酸味が苦手な場合は、冷たい「ティーソーダ」にすると飲みやすくなります。

<作り方>

  1. ティーカップ1/2杯分のハイビスカスティーを、通常の2倍の濃さで作ります。
  2. グラスを氷でいっぱいにします。氷と氷の間に隙間ができないように、小さめの氷を使うのがポイント(ただし、クラッシュアイスはすぐにとけてしまうのでNG)。
  3. 2に1を注いだ後、炭酸水を注いで出来上がり。

お好みでシロップやハチミツで甘みをつけたり、フレッシュミントを加えたりしても◎。

「ちょっと疲れたなぁ」というときに飲めば、夏の疲れをその日のうちにリセット! 体が疲労感から解放されると、表情も明るく元気になります。ハイビスカスのパワーで、活力にあふれる、イキイキとした美しさを手に入れましょう。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。