フード・グルメ

野菜たっぷりで美容に?サラダ感覚の「ガスパチョ風ミソスープ」

野菜たっぷりで美容に?サラダ感覚の「ガスパチョ風ミソスープ」

世界一栄養がない野菜とギネスブックに載っている「きゅうり」。しかしきゅうりは、身体を冷やしたり、利尿作用があったり、むくみ解消にも効果があったりと、夏にはもってこいの野菜なんです。先日リトアニアを旅してきたのですが、リトアニアの食卓ではピクルスとして、きゅうりがよく登場します。生のきゅうりにハチミツをつけて食べるのがリトアニアの夏の風物詩。海外でも愛されている食材なんですね。

今回は、このきゅうりをすりおろし、いつもとはちょっと違う風味を楽しめる一品を紹介します。サラダ感覚で食べられるガスパチョ風のミソスープです。

調理時間15分 2人分 

  • きゅうり...1本
  • 豆腐...1/2本
  • 信州白みそ...大さじ2弱 ※お好みのみそで。
  • 和風だし(冷やしたもの)...400cc ※お好みのもので。
  • すりごま...適量
  • 大葉(刻む)...適量

作り方

  1. きゅうりはすりおろす。豆腐はくずす。
  2. 少量のだしでみそを溶き、だし汁に混ぜ、1の具材を入れたら仕上げにすりごまと大葉を散らしてできあがり。

豆腐とみそが入るので、適度な塩分がついつい食欲をそそります。夏バテで食欲がないという方も手軽に野菜を摂取できるオススメの一品です!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

口尾麻美

口尾麻美

料理研究家

アパレル会社勤務後、イタリア料理店を経て現在に至る。旅で出会った食材、道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。Amazigh(自由人の意)の名のように、ジャンルにとらわれない料理を提案。楽しいはおいしい!キッチンライフを楽しくおしゃれにするアイデアを書籍、イベント、料理教室を通して発信している。『これだけで完全食 ミソスープ』講談社他。
問い合わせ:asamikuchio(a)gmail.com

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。