フード・グルメ

身体を温めてキープ?ココアの意外な美容効果とは?

身体を温めてキープ?ココアの意外な美容効果とは?

冬の間、朝晩の冷えたカラダを温めてくれる飲み物と言えば「ココア」。ホッとする甘さがたまらないですよね? そんなココアを飲むことで、実は女性にうれしいさまざまな効果が得られるって、知ってましたか? おいしいだけじゃないココアの魅力について、管理栄養士の大島菊枝さんに伺いました!

ココロとカラダに効く?ココア特有の栄養素「テオブロミン」

ココアのベースとなるカカオには、テオブロミンという栄養素が含まれています。「テオブロミンは、自律神経のバランスを整えてストレス抵抗力をつけてくれたり、ピロリ菌を抑えることから胃潰瘍を予防してくれたり...といった効果が期待できます」と大島さん。さらに、体温を上げて維持する効果があるので、冷え性の人なら寝る前に飲むと良さそう? また、カルシウムや鉄分などのミネラル、食物繊維など、女性に不足しがちな栄養素も豊富なんです! 

ハイカロリーは避けたい...選ぶなら「ピュアココア」

市販品のココアドリンクは味を整えるための乳脂肪分や甘味料が入っているため、飲みやすいもののカロリーオーバーが心配。ピュアココアを使って、自分好みのココアを作るのがオススメです。低脂肪牛乳、またはスキムミルクや植物性脂肪の豆乳などで割ると、体温上昇・維持の効果が牛乳よりも高まりますよ。また、ビタミンEが豊富なアーモンドミルクを合わせると、血流改善の効果も! 甘さの調整は、砂糖よりはちみつがベター。

トーストのお供にも!ココアの楽しみ方いろいろ?

もちろん、ココアの楽しみ方はミルクと合わせるだけではありません。大島さんオススメのココアレシピは、朝に飲む「あったかスムージー」。ココアは食物繊維も多いので、バナナや温めたリンゴなどと合わせてスムージーにすれば便秘解消に効果アリ。また、ナッツバターにココアを混ぜてアガベシロップなどで甘みを足せば、自家製のココアペーストが完成! バター代わりに朝食のトーストに塗って、カカオ成分を摂取して♪

バレンタイン前のこの時期なら、お菓子づくりにも使えて便利なピュアココア。紹介したレシピの他にも、カフェラテにココアパウダーを入れてカフェモカっぽくするなど、バリエーションは無限大! 自分好みのココアを作るちょっとしたひと手間が、すてきなリラックスタイムになりますよ?

【関連記事】
じつはスーパーフード!ホットチョコでリラックス!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。