フード・グルメ

【レシピ】ダイエット&肌に◎で、見た目もオシャレ!イイコトづくめの「#ベジヌードル」

【レシピ】ダイエット&肌に◎で、見た目もオシャレ!イイコトづくめの「#ベジヌードル」

暑い夏は冷たい麺類が美味しい季節ですよね。でも、気をつけたいのがそのカロリー。麺類は、炭水化物でできているので、糖質が多く含まれカロリーが高めなのです...。そこで今回オススメしたいのが、「ベジヌードル」です。

ダイエットの強い味方! ベジヌードルって?

「ベジヌードル」とは野菜をピーラーなどで細切りにし、麺に見立てて料理するという、とてもヘルシーな調理法。野菜の麺? 味はどうなの? と思うかもしれませんが、意外にもしっくり! 野菜の食感を残しつつ、いろいろな味に絡まる新感覚の麺が「ベジヌードル」なんです。

また、想像した以上にたくさんの野菜を食べることができるので、カロリーを抑えつつ、不足しがちなビタミンや鉄分、カリウムなどを摂取でき、ダイエットや美容効果も期待できますよ!

ベジヌードルにピッタリの野菜は?

にんじん、ズッキーニ、だいこんなど長くスライスでき、火の通りが早く、生食でも食べられる野菜がむいています。さっと茹でてソースと和えたり、スープに入れたり。軽く炒める、生で調味料と合えるなど、短時間で料理できるのも嬉しいポイントですよ♡

今回は暑い夏にピッタリのオススメ「ベジヌードル」レシピを2つ紹介します!

ズッキーニの豆乳麺

韓国の夏の麺料理、コングクス風。豆乳ベースのスープは混ぜるだけ。女性にもやさしく、発酵食品のキムチを混ぜるとさらにヘルシー。さっぱりしているけどコクがある冷製麺はズッキーニの彩りもきれいで、見た目にも涼しいサマーヌードルですよ。

材料(1〜2人分)

  • ズッキーニ...1本
  • 豆乳...200cc
  • 塩...適量
  • 黒すりごま...大さじ1
  • ごま油...小さじ1
  • キムチ...適量
  • 氷...適量

作り方

1. ズッキーニはピーラー等で麺状にスライスした後、軽く湯通しして水気を切り、ごま油を絡めておく。

2. 豆乳に塩と黒すりごまを入れ混ぜる。

3. 1のズッキーニを入れ、2の豆乳を注ぎ、氷を浮かべる。お好みでキムチを添えて。

にんじんのタイ風ヤキソバ

甘辛の味つけが食欲をそそり、夏のパワーチャージに最適。溶き卵を加えて、炒めても味が絡んで美味しいですよ。お弁当にもぴったり!

材料(1〜2人分)

  • にんじん...1本
  • 厚揚げ...1/2個
  • サラダ油...少々
  • A
  • ナムプラー(魚醤)...大さじ1/2
  • 砂糖...大さじ1/3
  • しょうゆ...少々
  • 唐辛粉...少々
  • パクチー(刻む)‥適量
  • レモン串切り‥1~2個

作り方

1. にんじんはピーラー等で麺状にスライスする。厚揚げは短冊切りにする。

2. フライパンにサラダ油を熱し、厚揚げを炒めたら、1のにんじんを入れさっと炒める。Aの調味料を入れ、味がなじんだら火を止める。

3. 2を皿に盛り、砕いたピーナッツとパクチーをふり、レモンを絞っていただく。

簡単でヘルシーな「ベジヌードル」。これなら楽しくダイエットもできそうです。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

口尾麻美

口尾麻美

料理研究家

アパレル会社勤務後、イタリア料理店を経て現在に至る。旅で出会った食材、道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。Amazigh(自由人の意)の名のように、ジャンルにとらわれない料理を提案。楽しいはおいしい!キッチンライフを楽しくおしゃれにするアイデアを書籍、イベント、料理教室を通して発信している。『これだけで完全食 ミソスープ』講談社他。
問い合わせ:asamikuchio(a)gmail.com

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。