フード・グルメ

ファスティングにも◎!「甘酒パワー」活用レシピで肌荒れ&冬太りを撃退♪

ファスティングにも◎!「甘酒パワー」活用レシピで肌荒れ&冬太りを撃退♪

優しい甘さでほっこりと身体を温めてくれる甘酒は、アミノ酸やブドウ糖を多く含み"飲む点滴"と呼ばれるほど栄養価の高い飲み物です。健康・美容のために飲んでいるという人も少なくないのでは? そこで今回は、ファスティングにも効果的な手作り甘酒のレシピをご紹介。さらに毎日同じ味だと飽きる...という人に、甘酒のアレンジレシピもお届けします。日本の元祖スーパーフードでキレイと健康、両方を手に入れましょう♡

カサカサお肌に冷た〜い指先....冬のお悩みに「甘酒」を!

甘酒は、お味噌や納豆などと同じ発酵食品。材料は麹・米とシンプルながら、健康維持に欠かせないアミノ酸や美肌づくりに欠かせないビタミンB群、ブドウ糖などが豊富に含まれています。また手作りの甘酒なら活きたままの酵素を摂取できるので、代謝アップの効果も期待できます。冷えや肌荒れ、冬太りに悩む女子の強い味方になってくれること間違いなし!

ファスティングにも活用OK! 炊飯器で作る甘酒レシピ

少し手間がかかりますが、健康・美容効果を高めたいなら市販のものよりも、断然手作りが◎! ファスティング時のドリンクとしてもおすすめです。

甘酒レシピ

<材料>

  • 米1合 (玄米でも白米でもOK)
  • 米麹2合
  • 水700ml程度

1. 柔らかめに炊いたお米をよく冷ましてから水を加え、混ぜます。
2. 米麹を加えてさらに混ぜたら、蓋を開けた炊飯ジャーで保温モードに(適温は55〜60度)。
3. 1〜2時間ごとに混ぜて、約10時間放置します。味見をしてみて、甘くなっていたら完成!

作った甘酒は冷蔵庫で保存して、1週間ほどで使い切るようにしましょう。

甘酒ファスティングのやり方

まずは、毎日午前中は甘酒1杯のみで過ごすというシンプルな方法から始めてみましょう。そのまま飲んでもお水や白湯で割ってもOK。夕食が遅くなりそうな時は、夕食を甘酒に変えてみても良いですよ♪

毎日使える! 甘酒のスイーツレシピや使い方あれこれ

甘酒スムージーや豆乳甘酒、ココア甘酒など、飲み物としてのバリエーションはもちろん、スイーツやお料理にも活躍してくれる甘酒。「毎日飲んでたら飽きちゃうかも...」という人は、食べ物で取り入れてみて!

本格スイーツ! 甘酒のブランマンジェ

甘酒のブランマンジェ

<材料(グラス4つ分)>

  • 甘酒...200cc
  • ゼラチン...10g + 熱湯..50cc
  • 牛乳...250cc
  • グラニュー糖...20g
  • ラム酒...少々
  • 生クリーム...50g

1. 鍋に甘酒、牛乳を入れ、温めます。
2. 熱湯で溶かしたゼラチンと砂糖を入れ、溶けたところでラム酒を加え、火を止めます。
3. 粗熱が取れたら、1に生クリームを入れ、混ぜましょう。
4. グラスなどの器に流し入れ、冷蔵庫で1時間冷やし、固まったら完成です!

ミキサーで簡単! 甘酒ドレッシング

甘酒は手作りドレッシングとしても重宝します。例えば、甘酒:オリーブオイル:お酢を2:2:1の割合で用意。少量のお醤油とお好みの量の玉ねぎのみじん切りを合わせて、全てミキサーにかけましょう。これだけで、おいしいドレッシングのできあがり! 色とりどりの野菜といただくと腸内環境改善にもつながりますよ♪

また天然の甘みなので、お砂糖の代わりに使えばダイエットにも効果的。酢と甘酒を合わせた漬け汁に野菜を漬けてお漬け物を作ったり、煮物や鍋料理に風味やコクを出したりするのにも使えます。

甘酒は美肌や代謝アップのほかに、免疫力アップ、整腸作用、血圧安定、疲労回復などの効果もあると言われています。寒さで不調になりがちなこの季節は、オールマイティーな"甘酒パワー"で元気に乗り切りましょう♡

photo:Shutterstock(1枚目)、Thinkstock(2枚目)、口尾麻美さん(3枚目)
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。