フード・グルメ

女性のチョコレート好きには理由があった!

女性のチョコレート好きには理由があった!

  何だか無性にチョコレートが食べたくなる時期がある人もいるのでは? ここ何日か、いつもよりチョコを食べているなと思ったら、生理が始まった...なんて方もいるのではないでしょうか。

 どうやら女性とチョコレートには、深い関係があるみたい。そこで今回は、その謎に迫るべく、栄養士の高良梨奈さんに話を聞いてみました。

「チョコレートには、テオブロミンという物質が含まれていて、精神を安定させイライラを抑える働きをしてくれるんです。また鉄分も豊富に含まれています。生理前や生理中にチョコレートが食べたくなるという方は、それを身体が知っているのかもしれませんよ」

 これは驚きですね。ただ食べすぎには気をつけたほうがよさそうです。テオブロミンには、筋肉を収縮させる働きもあるので、子宮の筋肉が収縮し、生理痛がひどくなるという人もいるようです。

「ほかにもチョコレートに含まれるフェニールエチルアミンという物質が、恋に落ちたときに分泌されるホルモンと同じ働きをするとも言われています。だから、チョコを食べたくなっている時期というのは人恋しいとき、ということもできるかもしれませんね」

 チョコを食べると何とも言えない幸福な気持ちになるときもありますが、その理由のひとつがこの物質によるものだったなんて知りませんでした。

 くれぐれも食べすぎには注意して、チョコレートとともに甘~い生活を送るのもいいかも!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。