フード・グルメ

人気のスイーツ「マカロン」おいしさに歴史あり!

人気のスイーツ「マカロン」おいしさに歴史あり!

 春にふさわしいお菓子と言えば、桜餅? 柏餅? ショートケーキ? どれも正解ですが、「マカロン」もそのカラフルさで、春の明るいイメージにぴったりですよね。

 日本でもおなじみの丸くて、軽い食感のスイーツ。もとは美食の国、フランスのお菓子です。最初のレシピはイタリアからやって来たそうですが、16 世紀頃活躍した美食家ラブレーが書いた著作には、すでにマカロンが登場しています。当時もとても人気があり、1660年に開かれたルイ14世の結婚式でマカロンを献上した有名老舗店は、今なお健在。王妃がそのおいしさにとても感激したというエピソードが語り継がれているそうです。

 現在のマカロンの材料は、卵、砂糖、アーモンドプードル(パウダー)。口の中で溶けるような食感は、しっかりと泡立てられた卵白のおかげです。つくり方を簡単に説明すると、砂糖とアーモンドプードルをふるい、混ぜ合わせます。そして、卵白を泡立て、砂糖や着色料を少しずつ入れ、固めのメレンゲに。それを温めておいたオーブンの天板にひとつ分ずつ並べて、焼き上げるというわけです。

 歴史のあるスイーツですが、現代のパティシエたちが新しいエッセンスを吹き込んでいるので、フランスの“最もモダンな古典菓子”と評されることも。色も本当に豊富で、ピンク、イエロー、ペパーミントグリーンなどのパステルカラーのほか、紫や黒の大人っぽいシックなマカロンもあるので、プレゼントするときには贈る相手によって、雰囲気を変えることもできそうです。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。