フード・グルメ

麦茶、ウーロン茶もいいけど...今夏は「ごぼう茶」

麦茶、ウーロン茶もいいけど...今夏は「ごぼう茶」

  蒸し暑くなってくるこの時季、のどをうるおすお茶といえば、緑茶や麦茶、ウーロン茶などが思い浮かびますね。でも、今年の夏はそれに「ごぼう茶」をプラスしてみませんか?

 ごぼうに豊富に含まれる食物繊維やポリフェノールは、腸の環境を整えることで、免疫力を活性化することが知られています。

 とくに、ごぼうの皮に多く含まれるポリフェノールの一種「サポニン」には、アンチエイジングをサポートする抗酸化作用や、身体を内側から温めて元気にする滋養強壮作用のほか、血中の悪玉コレステロールを分解することでダイエット効果も期待できると言われています。

 このサポニンは、いわゆるごぼうのアクと呼ばれているもので、エグミが強く、生では食べないほうがいいとされています。そのため、通常は水でさらしてアクを抜いてから調理して食べるので、残念ながらサポニンは失われてしまいます。

 けれど、ごぼう茶は、ごぼうを皮のままアク抜きせずに天日で干して焙煎するため、サポニンの優れた健康・美容効果が期待できるのだそう。

 ごぼう茶は市販されていますが、自分でも簡単につくれます。泥つきごぼうの泥だけ落としてささがきにして、天日で半日ほど干します。その後、フライパンで少し焦げるくらいに煎ったらできあがり。密閉容器で保存して、適量をティーポットに入れてお湯をそそいで飲みます。夏は冷やして飲んでもいいですね。

 国際中医薬善師の村上玲子さんは、「ごぼうには身体の余分な熱を取り、のどの渇きをうるおしてくれる作用もあります」と教えてくれました。そうした面からも、ごぼう茶は暑い時季にぴったりですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。