フード・グルメ

モロヘイヤの「ネバネバ」で夏肌にうるおいを!

モロヘイヤの「ネバネバ」で夏肌にうるおいを!

  夏本番まであと少し。冷房などで肌のかさつきを感じる人も多くなってくる季節かも...。そんなときには、身体の内側からうるおいを与えてくれる強い味方、「モロヘイヤ」はいかがでしょう?

 アラビア語で「王様の野菜」という意味を持つモロヘイヤ。エジプト原産で、絶世の美女と呼ばれたクレオパトラも好んで食べていたという説も。カロテン、ビタミンC、ビタミンB2や、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富。さらに、「ムチンに注目しましょう!」と言うのは、栄養士の高良梨奈さんです。

「ムチンはモロヘイヤが持つ""ネバネバ""の正体です。ムチンには、皮ふの油分と水分のバランスを整える働きがあり、最適なお肌の状態へと導いてくれるんです」とのこと。あの独特の粘り気には、女性にうれしいパワーがあったんですね。

「実は体内で、ムチンはグルクロン酸を作ります。このグルクロン酸は、保湿成分として有名なヒアルロン酸をつくる源でもあるんです。だから、肌はもちろん身体の至るところにうるおいをもたらしてくれるんですよ」

 そんなモロヘイヤですが、種子にはめまいや嘔吐などの症状をもたらす毒性の成分が含まれています。とくに成熟した種子に多く、さやや発芽して間もない若葉などにもあるそうです。けれど、収穫期の葉、茎、根には含まれないので、ご安心を。もちろん、野菜として販売されているモロヘイヤに関しては安全なものですので、心配なしです。家庭菜園などで栽培しているものを収穫するときは、種子やさやに気をつけましょう。

 モロヘイヤは湯通しして、細かく刻み、オクラや納豆と混ぜると、""簡単和え物""の出来上がりです。お好みでかつおぶしやみょうがなどを入れて、しょう油を適量垂らして、いただきましょう。ぜひ、ネバネバ感を楽しんでくださいね。

 夏肌に体内からもうるおいを与えて、厳しい夏を乗り越えましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。