フード・グルメ

ボルドー、ブルゴーニュ...仏ワインの基本をおさらい

ボルドー、ブルゴーニュ...仏ワインの基本をおさらい

  ワインはお好きですか? 「好きだけど、よくわからない」という人も多いのでは。ワインと言っても、ブドウの品種や産地など、いろいろな条件で味は多種多様。そのため、ワインに敷居の高さを感じてしまう人もいるのでしょう。

 今回はフランスワインに注目し、産地の違いによる味の特徴などを見ていきましょう。まずは、有名な産地である「ボルドー」と「ブルゴーニュ」です。

 ボルドーはフランスの南西部に位置し、世界中で栽培される赤ワイン用ブドウの品種「カベルネ・ソーヴィニヨン」と「メルロー」の原産地です。長く貿易港として栄えた歴史があり、高価な輸出品としてつくられてきたのが、ボルドーワイン。しっかりとした""芯""の強さを感じるワインで、優雅さも特徴。タンニンの渋みも十分に味わえる、重量感があります。

 一方、ブルゴーニュはフランスの中央部より少し東にあります。こちらも世界中で栽培される赤ワイン用ブドウの品種「ピノノワール」と、白ワイン用品種「シャルドネ」の原産地です。宮廷や教会で愛されてきたワインのため、フォーマルな雰囲気を持っているのが特徴。軽やかな味わいの中に、内陸の産地ならではのメリハリの利いた存在感があるというのが専門家の意見です。また、この地のワインは畑ごとの差を味わうという楽しみ方もあるそうです。

 もうひとつ、「シャンパーニュ」地方についても知っておきましょう。ご存じのとおり、発砲ワインの名産地ですが、位置するのはフランスの北です。北限の産地という厳しい条件を逆に強みにして生まれたのが、その地の名前がそのままついた「シャンパーニュ」。現在では、スパークリングワインとして、その製法が各地に伝わっていますが、もとはここで生まれた技法なのです。パーティーなどの華やかな席の必需品で、食前酒として好んで飲まれますが、食中酒として飲むのもおすすめ。

 代表的な産地を3つ見ただけでも、まったく違う特徴がありましたね。今度ワインを飲むときは、ぜひ産地に注目してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。