フード・グルメ

リラックスとリフレッシュ…コーヒーの不思議を知ろう

リラックスとリフレッシュ…コーヒーの不思議を知ろう

 「コーヒーブレイク」という言葉のとおり、ちょっとひと息入れたいときにコーヒーを飲むという人は多いでしょう。また、朝の目覚めの一杯にコーヒーを飲むという人も多いかもしれません。リラックスしたいときとシャキッとしたいとき。正反対と思われるその両方にコーヒーが飲みたくなるなんて、ちょっと不思議ですよね。

 全日本コーヒー協会では、コーヒーのさまざまな効能を紹介していますが、この不思議な働きもその1つ。杏林大学医学部の古賀良彦教授によれば、コーヒーの香りは、人の脳に「癒し」と「集中力」の2つの効果を与えるそうです。その違いは、コーヒー豆の種類によるものだとか。

 古賀教授の実験では、リラックスしているときに出現すると言われるα波が最も多く出たのはグァテマラとブルーマウンテン。脳の活性化に最も働きかけたのは、ブラジルサントスやマンデリン、ハワイ・コナだったそう。

 これからは、リラックスしたいときとシャキッとしたいときで、コーヒー豆を使い分けてみると、さらにその効果が高まるかもしれませんね。

 そのほか、東京慈恵会医科大学の鈴木政登教授の調査によれば、運動をする前にコーヒーを飲むと、エネルギー消費が高まり、脂肪が燃焼しやすくなることがわかったそうです。これは、コーヒーに含まれるカフェインの働きによるものだとか。

 コーヒーを飲むと、30分ほどでカフェインが交感神経を優位にし、その後5時間ほどは体脂肪が燃えやすい状態が持続するそう。そのため、コーヒーを飲んでから1時間後を目安に運動を始めるのがいいようです。脂肪をより多く燃焼したいなら、コーヒーはブラックで。運動はウォーキングなどの有酸素運動がおすすめだそうですよ。

 気分転換したいときや集中力を高めたいとき、それにダイエット中にも、コーヒーを上手に取り入れてみては?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。