フード・グルメ

アジアの「かき氷」大集合 あなたのお好みはどれ?

アジアの「かき氷」大集合 あなたのお好みはどれ?

  暑い日が続いていますが、夏ならではの味覚を堪能してみてはいかが? そう、「かき氷」です。おいしく、ユニークで一度は食べてみたい、日本を含めたアジアのかき氷をご紹介します!

 南国・鹿児島に「白くま」というかき氷があるのを知っていますか? 削りたての氷に練乳をかけ、フルーツや豆類、ゼリーなどのトッピングが楽しいかき氷。まるで白くまの顔のように見えることからこの名がつきました。見た目もかなりキュートです。

 女子が大好きな国・台湾にもかき氷はあります。ひとつは、「雪花氷(シェーファービン)」というもの。練乳などで味をつけた氷を削ってつくります。別名「チャーミースーアイス」。かき氷とアイスクリームの""ハーフ""といった趣で、なめらかさに特徴があります。もうひとつは、「豆豆氷(ドードービン)」という煮豆の入ったもの。ピーナツや緑豆などいろいろな豆がのっていて、""ほくほく""と""シャリシャリ""が同時に味わえます。

 韓国のかき氷は「パッピンス」という名で知られています。フルーツ、小豆、お餅、ゼリー、練乳などが入っていますが、ビビンパのように混ぜて食べるのがコリアン流です。

 マレーシアの夏の風物詩と言えば、「アイス・カチャン」。カチャンは豆のこと。バラのシロップをかけた、鮮やかなピンク色がかわいらしいかき氷です。底には小豆、アタッチプートと呼ばれるヤシの種、ゼリーなどが入っていて、トッピングとしてコーンや砕いたピーナッツがかけられています。シンガポールにもアイス・カチャンはあるそうですよ。

 ふわふわ、シャリシャリだけじゃない、各国のかき氷の魅力。旅行の際にはぜひ、いろいろな味にトライしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。