フード・グルメ

簡単! 初めての精進料理 ごま豆腐にチャレンジしてみよう!

簡単! 初めての精進料理 ごま豆腐にチャレンジしてみよう!

精進料理を食べたことはありますか? お寺で供される、お膳の上にのせられた数枚の小皿料理を思い浮かべるかもしれませんね。

 精進料理とは、仏教の教えに則り、殺生をしないで天地の恵みをいただくこと。肉や魚などの動物性の食材や胡椒などのスパイス類も使いません。そのため、野菜、豆類などを使い、素材そのものの味を生かすような調理がなされ、昆布だしなどによって上品な味を生み出します。滋味(じみ)を感じることができる料理と言っていいでしょう。

 ふだん、いろいろなジャンルの料理を食べている人にとっては、薄味の精進料理はやや物足りないものに感じるかもしれません。けれど、食材の旬を大事にしている精進料理は、食の原点にかえるような気持ちになり、食べすぎ飲みすぎで疲れた胃腸も癒やしてくれるよう。私たち現代人には、たまに口にしたほうがいい食事なのかもしれませんよ。

 精進料理を代表する一品「ごま豆腐」のつくり方をご紹介しましょう。教えてくれたのは『旬の禅ごはん』の著書もある精進料理研究家の藤井まりさんです。

「黒ごま豆腐」

〈材料〉吉野くず…20グラム、水…160cc、黒練りごま…大さじ1・1/2、ゆずこしょう…少々

〈作り方〉

(1)材料をすべて鍋に入れ、よく混ぜる。練りごまが固まっていたら、ざるでこす。

(2)中火で練りはじめ、くずが固まってきたら弱火にしてさらに4~5分間練る。

(3)ラップを敷いたカップに(2)の半量を入れ、ラップの口をねじって輪ゴムなどでとめ、氷水を入れたボウルで冷やし固める。残りも同様に。

(4)器にのせ、ゆずこしょうをのせる。

 少ししょう油を垂らしてもいいそう。作るのが難しそうに思えるごま豆腐も市販の練りごまを使えば、こんなに簡単にできるなんて! 藤井さんは「市販品を使う場合も、すりたてのごまを少々加えると、風味が格段に上がりますよ」とのこと。ごまの香ばしさを感じられるひと工夫なんですね。

 胃腸に疲れを感じたら、こんな料理で身体をいたわるのもおすすめです。ぜひ精進料理にチャレンジしてみてください!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。