フード・グルメ

ハネムーンの由来は「蜂蜜酒」から 料理に取り入れるコツ

ハネムーンの由来は「蜂蜜酒」から 料理に取り入れるコツ

  新婚旅行のことをさす「ハネムーン」。これを「蜜月」とも呼ぶことはご存知ですよね?

 新婚夫婦が結婚後1ヶ月間「蜜酒」を飲むという、古代ゲルマン人の風習からきたものだと言われています。「蜂蜜の1ヶ月」=「蜜月(ハニームーン)というわけです。人々が蜂蜜をとるという習慣は昔からあったんですね。

 蜜蜂が集めた甘い花の蜜は、ヨーグルトやスイーツにかける以外にも、さまざまな味わい方があります。

 まず、いつも使う砂糖の代わりに蜂蜜を使ってみてください。砂糖を食べたときに感じられる甘さを100とすると、蜂蜜は130。蜂蜜のほうが甘みを感じられるため、使う量が少なくて済みます。しかも、蜂蜜は砂糖の約80%のカロリーなので、ダイエットを意識している人にもおすすめですよ。

 蜂蜜はカラメル化しやすく、肉じゃがや照り焼きなど、焼き色や照りを出す料理にも最適。蜂蜜の主な栄養分である果糖とブドウ糖が、肉をやわらかくジューシーに、魚のにおいを抑えるのに、役立ってくれます。

 蜂蜜は防腐性にすぐれているので、湿気が少なく直射日光の当たらない場所で長持ちします。白く固まるのは、天然のブドウ糖が結晶化しているから。けっして傷んでいるわけではありません。品質には問題ありませんが、使いにくい場合は容器ごと湯煎してゆっくり溶かしましょう。高温になりすぎると風味が変わってしまうので、50度前後のお湯で溶かしてくださいね。

 このブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源だと言われており、脳を活性化させて集中力や記憶力を高める働きがあります。食後約20分で身体に吸収されるので、疲れを感じたときには蜂蜜を食べてみてください。

 料理や疲れに…蜂蜜はこんなにも幅広く私たちの味方になってくれるもの。今日から積極的に取り入れて、蜂蜜のパワーを実感してくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。