フード・グルメ

おいしさ、栄養価もアップ! 手づくり乾燥野菜にチャレンジ

おいしさ、栄養価もアップ! 手づくり乾燥野菜にチャレンジ

 美容や健康のために食べたい野菜。フレッシュな野菜がおいしいのはもちろんですが、天日で干した乾燥野菜はうま味が凝縮され、別の味わいが楽しめます。空気が乾く秋から冬にかけては、乾燥野菜をつくるのに最も適した時期。カラッと晴れた天気のよい日に、チャレンジしてみませんか? ちょっとしたポイントを押さえておけば、誰にでも簡単にできますよ。

 まずは野菜の選び方。ほとんどの野菜で乾燥野菜がつくれますが、レタスやもやしなど水分が多くて傷みやすい野菜は避けましょう。おすすめは大根やしいたけ。天日干しすることで、大根はカルシウムや食物繊維が、しいたけはビタミンDの含有量がアップします。そのほか、ごぼうやにんじん、かぼちゃ、れんこんなど、いろいろな野菜で試してみて。

 次は野菜の下準備。きのこ類以外の野菜は洗って、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を切ってから、皮をむかずにカットします。あらかじめ、つくりたい料理をイメージして、使いやすい形にしておくといいですね。 また、乾燥すると小さくなるので、やや大きめに切っておくのがコツです。

 下準備ができたら、いよいよ干してみましょう。平らなザルやカゴなどを用意して、野菜が重ならないように間隔を空けて並べます。ない場合は新聞紙でもOK。つり下げるタイプの干し野菜グッズも市販されているので、活用してもいいでしょう。干す場所は、日当りと風通しのいいベランダや窓際などのスペースに。時間帯は、午前10時~午後3時頃までが適しています。

 乾燥に必要な時間は、野菜の種類や気温などにもよって変わりますが、セミドライなら3時間から半日程度、しっかり乾燥させる場合は1~2日間を目安に、干し加減を見ながら調整を。セミドライは野菜の表面が白っぽくなったり、シワがよったりしたら食べ頃です。しっかり乾燥させる場合は、水分が抜けて小さく、軽くなれば出来上がり。乾燥後の保存期間は、セミドライは冷蔵保存で5~7日程度、しっかり乾燥させた場合は、3~4週間程度です。

 乾燥野菜は水分が抜けることで、火の通りが早くなり、調味料も浸透しやすくなるので、調理時間の短縮にもなります。ぜひつくって、活用してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。