フード・グルメ

日本酒がおいしい季節…和食以外にもぴったり! 洋食、中華料理との相性を知ろう

日本酒がおいしい季節…和食以外にもぴったり! 洋食、中華料理との相性を知ろう

 冬はいちばん日本酒がおいしい季節とも言われています。なぜなら、新酒の季節だから。秋に仕込まれた絞りたての日本酒が登場するのがこの頃だからです。

 昔から神事や祭事に欠かせない日本酒。最近では、日本酒のカクテルや日本酒をベースにした果実酒が登場し、ぐっと親しみやすくなりましたね。

 実は、日本酒が和食以外にも合うことはご存知でしょうか? ワインに“飲み合わせ”の基本があるように、日本酒にも料理との相性があるんですよ。

 まずは、日本酒に4つのタイプがあることを知っておきましょう。

(1)香りの高いタイプ

果実のような香りが特徴で、軽快な味。吟醸酒、大吟醸酒など

(2)軽快でなめらかタイプ

香りはやや弱いですが、なめらかな味。生酒など

(3)コクのあるタイプ

落ち着いた香りと、重厚な苦味があります。純米酒、本醸造酒など

(4)熟成タイプ

色調は濃く、老酒のような香気。ほどよい苦味と後味のよさがあります。古酒など

(1)の香りの高いタイプから相性のよい料理を見ていきましょう。吟醸酒や大吟醸酒は素材そのものの香りを引き立てる役割を持っています。そのため白身魚や野菜など素材を生かした料理といっしょにどうぞ。バターやクリーム系の味つけにもよく合います。

(2)の軽快でなめらかタイプは、基本的に洋食や中華、和食、どの料理とも相性がよく、素材の旨味を素直に引き出します。どの日本酒にしようか迷ったときは、生酒を選びましょう。

(3)のコクのあるタイプは、深い味わいを持っているため、洋食だと鶏の唐揚げやビーフシチューなどの肉料理に合います。また、酸が強めのお酒なので、餃子や麻婆豆腐など中華との相性もばっちり。独特のごまのような風味ともマッチし、料理の味わいを深めます。和食だと、筑前煮など濃いめの味つけに合わせるといいでしょう。

(4)熟成タイプは、ワサビやシソなど個性の強い薬味にも負けない味なので、刺身といっしょに味わいましょう。また、ケチャップやチーズなど、しっかりとした味つけの料理にも。

  お酒の種類と料理の相性を意識してみると、味わいの世界がもっと広がります。ぜひ、いろんな料理と合わせてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。