フード・グルメ

悪酔い、二日酔いをしないために! 飲み会で積極的にとりたい食べ物とタイミング

悪酔い、二日酔いをしないために! 飲み会で積極的にとりたい食べ物とタイミング

 これから年末年始にかけて何かとお酒を飲む機会が増えますよね。もともとお酒に弱かったり、飲酒の機会が続いたりすると、身体に負担になってだんだん楽しめなくなってくることも。そこで、アルコール対策として飲食の前後や最中におすすめの食べ物と食べるタイミングをご紹介します。

●飲み会の前に
 空腹時にいきなりアルコールを飲むと、悪酔いや二日酔いの原因に。飲み会の前には、胃壁に脂肪の膜をつくってアルコールの吸収をやわらげるようにしておきましょう。牛乳やチーズ、肝機能を促進して酔いを回りにくくするクエン酸を含む梅干し、柑橘類の果物をおすすめします。

●飲み会の最中に
 飲み会が始まったら“スタートダッシュ”はやめて、食べながらゆっくり飲むのがポイント。そのとき、酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を促進するビタミンC、アルコールの処理能力を高めるたんぱく質を多く含むおつまみを食べるといいですね。そのほか、酔いの解消を助けるアミラーゼを含む大根、肝機能を高めるタウリンを含むアサリもおすすめです。一般的な居酒屋のメニューなら、枝豆や冷や奴、鶏ささみ、大根サラダやしらすおろし、アサリの酒蒸しなどを選んでみて。

●飲み会の後に
 飲み会が終わったらミネラルウォーターやスポーツドリンクなどの水分を補給して、アルコールが体外へ排出するのを助けましょう。また、肝機能を促進する果糖を含むリンゴ、柿、グレープフルーツなどの果物のほか、アルコールが脂肪となって体内に蓄積されるのを防ぐコリンを含む味噌をとるのもいいでしょう。「お酒のあとには味噌汁がいい」と言われるのは、このコリンの働きによるものなんですね。

 こうしたちょっとした知恵を覚えておいて、飲み会シーズンを楽しく、元気に過ごせるといいですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。