フード・グルメ

一層おいしくなる! 赤ワイン・白ワイン 料理に合うワインの選び方

一層おいしくなる! 赤ワイン・白ワイン 料理に合うワインの選び方

 みなさんは自宅でワインを飲むとき、どんな料理を食卓に並べますか? 料理とワインは組み合わせ次第でそれぞれのおいしさを最大限に引き出すことができます。互いにピタリとくる相性のものを選んだときに最高の“マリアージュ”を堪能することができるのです。

 まず、料理の味の強さに着目しましょう。ワインと料理を一緒に楽しむなら、片方がもう片方の味わいを消してしまうのはもったいないこと。魚料理に限らず、繊細な味付けのものにはライトな白ワインがぴったり。一方、ガーリックのきいた肉料理などには、料理自体の味に負けないようなスパイシーな赤ワインを合わせます。

 味とともに料理が“こってり”しているかどうかにも注目。たとえば、同じ鶏料理であったとしても、さっぱりとした塩やハーブだけで焼いただけのもの、焼いた後ホワイトクリームをかけたもの、もしくはグレービーソースをかけたものとでは、素材は同じであっても、それぞれの料理全体の“重さ”が異なってきます。基本的には、重めの料理には重めのワインを、軽めの料理には軽めのワインを合わせておけばOK。ボトルの裏のラベルに「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」の表記がある場合は、それを参考にするのもいいでしょう。

 料理に足りないものをワインで補うことで、それぞれのおいしさがより一層引き立つこともあります。レモンを絞って食べるような魚料理には、酸味のきいた白ワインを合わせることで料理の味を引き締めることができます。また脂の旨みを味わう料理には渋み成分であるタンニンを含んだ赤ワインをセレクト。こうすればワインを飲むたびに口の中がさっぱりして、おいしく料理をいただくことができます。

 またワインの産地とその土地の料理を合わせるというのも手です。ワインは産地の歴史や郷土の習慣に合わせてつくられてきたものが多いため、その土地で発達してきた料理と合うのは当然のことなんです。たとえば濃厚なトマトソースを使うイタリアンには、イタリアで最もポピュラーなブドウ品種で、ほどよい酸味とコクが特徴のサンジョベーゼのワインがおすすめですよ。

 料理とワインは切っても切れない関係。せっかくなら、どちらもおいしくいただける組み合わせで楽しんでみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。