フード・グルメ

どうしてお正月に黒豆を食べるの? おせちの由来

どうしてお正月に黒豆を食べるの? おせちの由来

 年の瀬が近づき、大掃除や年賀状の準備などを始めた人もいるのではないでしょうか。

 元日などに家族みんなでいただくおせちの支度も、お正月を迎えるための準備のひとつです。彩り鮮やかなおせちは、縁起ものでもありますが、その由来を知ることでより一層おいしくいただくことができるんです。今回はそんなおせちにまつわる豆知識をご紹介していきましょう。

 おせちは漢字で「御節」と書きます。昔は季節の変わり目など節目の時に食べる特別な料理のことを「御節供(おせちく)」と呼んでいました。これが略され、今のおせちになったと言われています。

 お正月にはお祝いに欠かせない料理が3種類あり、これをまとめて「祝い肴三種」と言います。関東のものは以下の3つです。

 ひとつめは黄金色が美しい「数の子」。数の子とはにしんの卵のことで、卵の数が多いことから「子孫繁栄」を願った縁起ものとして食べられています。また、にしんには「二親健在」の意味も込められ、両親がともに健康でいることへの願いもたくしています。

 2つめは甘くておいしい「黒豆」。これには家族がまめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に過ごせますようにという願いが込められているそうです。

 3つめは、「ごまめ」という別名もある「田作り」。干したカタクチイワシをしょう油味のあめ炊きにしたものです。昔はこの干したカタクチイワシを高級な肥料として使っており、このことが田作りの名の由来だそうです。また、ごまめは「五万米」という文字をあてることもあり、豊作の願いが込められているとも。関西では田作りの代わりに「たたきごぼう」を食べますが、これも豊作を願ってのこと。めでたいことの起こる前兆と言われている、黒い「瑞鳥(ずいちょう)」に形や色が似ているからです。

 このほかにも、茹でてくるんと背が丸くなった「えび」を食べることで、腰が曲がるくらいまで長生きして元気に過ごしたいという願いを込めたり、「先が見える」「見通しがよい」という意味で「れんこん」を食べる習慣もあります。

 一つひとつ見ていくと、おせちには縁起のよい料理がたくさん入っていることに驚きます。みなさんもおせちを食べて、素敵な新年を迎えてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。