フード・グルメ

「細く長く生きるから」だけじゃない! 年越しそばを大晦日に食べる理由

「細く長く生きるから」だけじゃない! 年越しそばを大晦日に食べる理由

 12月31日の大晦日に食べるものと言えば…そう、年越しそばです。お蕎麦屋さんで食べるのもよし、自宅で紅白歌合戦を見ながら食べるのもまたよしかも!

「なぜ大晦日にそばを食べるのだろう?」とは、きっと誰もが一度は抱く疑問。「人生はそばのように細く長く生きる」という意味が込められているのはよく知られている説ですが、実はほかにもあるみたいです。まずは年越しそばのルーツを探ってみましょう。

 江戸時代には、毎月最後の日にそばを食べる習慣があったそう。商家は月末に集金などがあり忙しかったので、出前をとって使用人をねぎらっていたと言います。多忙なときに、みんなでズルズルとそばをすすって、心まで温まっていたのかもしれませんね。なぜそばだったかというと、同じ出前でも寿司やうなぎに比べると値段が安かったからではないかと考えられているそうです。

 それが毎月のことではなく、年末のことになったのは明治時代だとか。意外と“最近”できた習慣だったんですね。

 そばは麺が切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てるという意味もあるそう。また、そばは風や雨にうたれても、日に当たるとすぐに立ち直る植物なので、逆行に負けないように…という願いもあると言われています。

 年越しそばでひとつ注意したいのは、年を越えてから食べること。これは縁起が悪いそうです。1年を無事に過ごせたことに感謝しながら、大晦日に家族みんなで年越しそばを食べましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。