フード・グルメ

美肌&ダイエットに必要な「良質な油」を覚えておいて!

美肌&ダイエットに必要な「良質な油」を覚えておいて!

「油は美容やダイエットの大敵!」と考える人は多いようです。確かに、油のとりすぎは、皮下脂肪や内臓脂肪、悪玉コレステロールの増加につながります。一方で、油が不足すると、肌や髪の乾燥を招いたり、便秘や生理不順の原因になったりもします。ですから、むやみに油を控えるのではなく、「良質な油」をとることが大切なんですね。では、どんな油を選べばいいのでしょうか。

  最も積極的にとりたいのは「オメガ3系脂肪酸」に分類される、アルファリノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などを含んだ油です。これらの油には代謝をアップさせる働きや、肌にハリやツヤをもたらす働きなどがあると言われています。 アルファリノレン酸は亜麻仁(あまに)油やしそ油、えごま油などから、DHA・EPAはイワシやサバなどの青魚、大豆製品などからとることができます。

 オレイン酸を多く含む「オメガ9系脂肪酸」には、悪玉コレステロールを減少したり、便秘を改善したりする働きがあると言われています。オメガ9系は、オリーブオイルやキャノーラ油、ごま油、アーモンドなどのナッツ類から摂取できます。

 リノール酸を多く含む「オメガ6系脂肪酸」は、多くとりすぎると、アレルギーを引き起こしたり、ホルモンバランスを乱したりすることがあるそうなので要注意。オメガ6系の油には大豆油、コーン油、ひまわり油などがあります。グレープシードオイルもオメガ6系に分類されますが、酸化しにくい良質な油として注目されています。

 また、マーガリンやショートニングに多く含まれる「トランス脂肪酸」は、悪玉コレステロールを増やすほか、免疫力を低下させるなど、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあると言われています。最近、米国ではトランス脂肪酸の使用が全面禁止となりましたが、日本ではスナック菓子などに使われています。ビタミンEにはトランス脂肪酸のリスクを下げる働きが報告されているので、スナック菓子が好きな人は、緑黄色野菜やナッツ類などを積極的にとるよう心がけましょう。

 油には酸化しやすい特徴があるので、オメガ3系の亜麻仁油などはドレッシングとして利用するのがベター。加熱調理には酸化に比較的強いオメガ9系のオリーブオイルやごま油、グレープシードオイルなどを利用するといいですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。