フード・グルメ

世界遺産にも認定! 優れた「和食」の魅力を見直そう

世界遺産にも認定! 優れた「和食」の魅力を見直そう

 2013年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界無形文化遺産に登録されました。和食にはもともとヘルシーなイメージがありますが、その優れた魅力が世界にも認められたのです。

 食の欧米化の影響で、和食離れが進んでいると言われていますが、この機会に世界が注目する伝統的な和食の魅力を、あらためて見直してみませんか?

 今回のユネスコへの登録申請では、以下の4点の和食の特徴が挙げられました。

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
 明確な四季と、海・山・里の豊かな自然がある日本。和食には、その地域の気候や風土に根ざした多様な食材が使われています。そして、その素材の味わいを生かす「生のまま・焼く・煮る・蒸す」などの調理法のほか、「発酵する・干す」といった技術も発達しています。

(2)栄養バランスに優れた健康的な食生活
「一汁三菜」を基本とした和食は、「炭水化物・たんぱく質・脂質」の栄養バランスが理想的と言われています。だしなどの「うま味」を上手に使うことで、塩分や動物性油脂を抑える食事が可能となり、肥満や生活習慣病の予防に役立ちます。

(3)自然の美しさや季節の移ろいを表現
 季節の草花を添えたり、その時季に合った器やしつらいを用意したり。自然の美しさや四季の移ろいを表現して楽しむのも、和食の魅力のひとつです。

(4)正月などの年中行事との密接関わり
 正月のおせち料理、節分の恵方巻き、桃の節句のちらし寿司など、日本の食文化は四季折々の行事と密接に関わり、育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆も深めてきました。

 今年はこうした和食の魅力を意識して、家族との食卓に、仲間との会食に取り入れてみては? 美容や健康にいいだけでなく、気持ちも豊かになれるはずです。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。