フード・グルメ

美肌成分たっぷり 「麩(ふ)」の美容ポテンシャルとは?

美肌成分たっぷり 「麩(ふ)」の美容ポテンシャルとは?

ふだんの料理では使う機会が少ない「麩」。地味な印象をもつ食材ですが、実は美肌づくりの頼もしい味方なんです。

美肌にはコラーゲンがいいとよく言われますが、これには注意が必要です。コラーゲンを摂取しても、コラーゲンとして吸収されるわけではなく、体内でアミノ酸に分解されます。ですから、コラーゲンも大切ですが、コラーゲンの産生を促す原料にも意識した方が良さそうです。

アミノ酸の「プロリン」は、コラーゲンの産生を促す主な原料のひとつ。このプロリンが豊富に含まれている食材の代表が、麩なのです。麩は高たんぱく低カロリーのヘルシー食材でもあり、鉄や亜鉛などのミネラルも含まれています。

麩は、小麦粉に水を加えてよく練り、熟成させて水洗いを繰り返しながら、たんぱく質...つまりグルテンだけを取り出し、再び小麦粉やもち粉などを加えて加工したものです。グルテンと小麦粉の配合、加工の仕方などによって、実にいろいろな種類があります。

たとえば、柔らかくて軽い「小町麩(こまちふ)」は、戻し時間も少なく、そのままでも味噌汁などに使えます。「仙台麩」とも呼ばれる「油麩」は、油で一度揚げてから乾燥させているので、煮物や炒め物などで肉の代わりに使うと、こっくりとした味わいに。棒に巻きつけて焼いている円型の「車麩」も、柔らかく戻してから使うと、肉やパンのような食感になります。豚バラ肉に似ているので代替として煮物や揚げ物に使ったり、卵を使ってフレンチトーストのようにしたりしてもおいしいですよ。フードプロセッサーで粉状にすれば、パン粉や小麦粉のようにも使えます。

ぜひいろいろな料理に活用して美肌作りに役立ててくださいね。

今回お話を伺ったのは...
柴田真希さん
管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。お料理コーナーの番組出演をはじめ、出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。

photo:Shuttestock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。