フード・グルメ

ムニエルや石狩鍋でどうぞ 鮭の栄養素が女性にうれしい理由

ムニエルや石狩鍋でどうぞ 鮭の栄養素が女性にうれしい理由

 年間を通して、スーパーなどで気軽に手に入れることができる鮭。ムニエルにしたり、「石狩鍋」の具として鍋料理にしたり、とてもおいしい食材ですよね。そんな私たちに身近な存在であるこのお魚。実は、栄養豊富で美容効果も期待できるって知っていましたか?

 鮭にはビタミンA、B群、D、DHA、EPA、アスタキサンチン、ビオテン、パントテン酸、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄などの成分が含まれています。

 なかでも、DAME(ジメチルアミノエタノール)は、肌のハリやたるみに効果があるそう。ちなみに、集中力を高めたり、プチうつの解消になるという説もあります。

 そんなうれしい成分盛りだくさんの鮭。そのパワーを最大限活かす食べ方をご紹介しましょう。

 鮭の身はたんぱく質が非常に豊富ですが、皮にも注目。この部分にコラーゲンが入っているのだそう。皮も残さず食べたほうがいいのです。肌にうるおいを与えるためのコラーゲンを摂取することを目的とするならば、目安は1日2切れほどだとか。

 また、鮭の卵は加工する方法によって、いくらと筋子に分かれますが、筋子の皮の部分に含まれる栄養成分は美容効果が高いと言われています。ただ、食べすぎないこと。痛風などの原因になるので気をつけましょう。

 それから、調理する際には焼きすぎに注意。美容成分が損失してしまいます。また、ビタミンCと一緒に食べると栄養価が高まるそう。野菜と一緒にシチューに丸ごと入れて煮込んだり、ホイル焼きにしたりするのがおすすめです。

 ほかにも、大豆のイソフラボンは、組織中のビタミンDを増やすとされていますが、サーモンと一緒に食べると、美容効果が倍増するそうです。朝食で、サーモンと納豆が一緒に並ぶことはよくあることですが、実は美容効果も高いメニューだったんですね。

 いかがですか? ふだん何気なく食べている鮭ですが、日々の美容と健康に頼れる味方だったんですね。調理法にも気をつけながら、その恵みを感謝していただきましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。