フード・グルメ

ビギナーにおすすめ! 「スパークリング日本酒」の楽しみ方

ビギナーにおすすめ! 「スパークリング日本酒」の楽しみ方

 みなさんは日本酒、お好きですか? 都内では日本酒を専門に扱う“日本酒バー”が登場したり、海外でもセレブの間で注目されるなど、ちょっとした日本酒ブームが近々到来するかもしれません。

 けれど、日本酒は苦手という人も少なくないのでは? そんな人はまず、「スパークリング日本酒」で日本酒デビューしてみてはいかがでしょうか。

 スパークリング日本酒とは、その名のとおり発泡性の日本酒のこと。炭酸を含んでいるため飲みやすく、日本酒本来のほんのりとした甘みも味わえることから、「まるでシャンパンみたい」と日本酒ビギナーの女性の間で人気なのだそうです。

 現在、全国各地の酒造メーカーでは、さまざまなスパークリング日本酒がつくられています。たとえば、金沢の老舗酒蔵である福光屋が手がける「酒炭酸」は上品な香りとなめらかな味わいの純米酒に、炭酸ガスを封じ込めてつくられた一品。アルコール度数は6度と低く、軽い飲み心地が特徴なので、お酒が苦手な人でも気軽に楽しむことができ、冷やして飲むのがおすすめです。


 また、スパークリング日本酒を使い、カクテルづくりにチャレンジすることもアイデアです。

 今回は福光屋が紹介するスパークリング日本酒を使用した「桃ローズマリー」をご紹介します。材料は、スパークリング日本酒(「酒炭酸clear」)200ml、白桃のピューレ大さじ3、氷、ローズマリー少々。グラスに白桃のピューレ(白桃の缶詰とシロップをミキサーにかけたもの)、氷の順で入れ、スパークリング日本酒を注いでローズマリーを飾ります。飲む前に軽くかき混ぜてからいただきましょう。ピューレは生の桃を使えば、一段と豊かな味わいになります。

 見た目もおしゃれなスパークリング日本酒。飲むときには、シャンパングラスやワイングラスに注ぐのがおすすめ。泡立ちを長く楽しめて、日本酒の味をムラなく味わうこともできます。最初の乾杯での1杯にはもちろん、デザート酒としてもぴったりなので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。