フード・グルメ

アンチエイジングが期待できる第7の栄養素「ファイトケミカル」って?

アンチエイジングが期待できる第7の栄養素「ファイトケミカル」って?

「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことはありますか? ファイトケミカルは「phyto(植物)」「chemical(化学成分)」からなる言葉で、植物に由来する特有の化学成分のこと。

 たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素に、食物繊維を加えて6大栄養素と呼んでいますが、ファイトケミカルはこれらに続く「第7の栄養素」と考えられています。

 ファイトケミカルのさまざまな働きのなかでも、とくに注目されているのが、抗酸化作用です。病気の発生や老化の促進につながる酸化ストレスを除去することで、美容や健康に欠かせない免疫力の向上やアンチエイジング効果が期待できるのです。

 ファイトケミカルの多くは、野菜や果物の色素、辛み成分、香気成分(におい)に含まれています。その数は1万種類とも言われていますが、ここでは主なファイトケミカルと、それが含まれている食品をご紹介しましょう。

 たとえば、よく耳にする「イソフラボン」「アントシアニン」も、色素(フラボノイド)に由来するファイトケミカルです。イソフラボンは大豆や大豆製品から、アントシアニンは赤ワインやブドウ、ブルーベリー、なすなどから摂取できます。

 ツンとしたにおいのもととなる「アリシン」はねぎや玉ねぎ、ニンニクなどに、辛みのもととなる「イソチオシアネート」は大根やわさびなどに、「ジンゲロール」はしょうがに含まれています。バナナのにおいは「オイゲノール」、レモンなどの柑橘類のにおいは「リモネン」というファイトケミカルによるものです。

 高い抗酸化作用があることで知られる「ベータカロテン」「リコピン」「アスタキサンチン」も、実はファイトケミカル。ベータカロテンはにんじんやかぼちゃ、リコピンはトマトやスイカ、アスタキサンチンはサケ、エビ、カニなどに豊富です。

 このほかにも、きのこ類には「ベータグルカン」、豆類や穀物には「サポニン」、海藻類には「フコイダン」、リンゴや桃には「ペクチン」といったファイトケミカルが含まれています。

  これからは、こうしたファイトケミカルを積極的にとって、健康と若さのキープを心がけましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。