フード・グルメ

意外と知らない? 冷蔵庫に入れてはいけない野菜

意外と知らない? 冷蔵庫に入れてはいけない野菜

 みなさんはお店で野菜を買い込んだ後、どのように保存していますか? どんな野菜でも、とりあえず冷暗所に置けば大丈夫…そう思って、すべて冷蔵庫の中に収納している人も少なくないのではないでしょうか。

 けれど、スーパーや青果店の戸棚を思い出してみると、中にはクーラーの中に陳列されているものもあれば、常温のスペースに並べられている野菜もあります。実は、野菜はそれぞれのタイプに合わせて保存することで、よりおいしさや新鮮さを保つことができるのです。

 野菜を保存するときに気をつけたいポイントのひとつが、野菜が育った環境に近い環境で保存すること。たとえば、原産地が熱帯や亜熱帯地域といった温かい場所で育った野菜は、寒さに弱い性質があります。そのため、冷蔵庫に入れてしまうと冷蔵障害を起こしやすくなるので注意。

 これらに当てはまる野菜といえば、きゅうり、なす、ピーマン、かぼちゃといった夏野菜。そして、じゃがいも、さつまいもといった秋野菜もこれに該当します。これらは冷蔵庫には入れず、冷暗所や少し温度設定が高めの野菜室に保存するのが理想的です。

 一方で、低い温度の環境での保存が望ましい野菜といえば、小松菜などがあげられます。小松菜は傷みやすく、1~2日で葉がしおれやすい野菜。保存するなら湿らせたキッチンペーパーや新聞紙でくるみ、冷蔵庫に立てて保存しましょう。

 ただし、どんな野菜でも一度カットした野菜は必ず冷蔵庫へ。野菜は、切るとエチレンという老化植物ホルモンが出てしまうため、一気に傷みやすくなってしまいます。このエチレンの発生を抑えるため、カットした野菜はラップをしたり、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

 意外と知らない野菜の最適な保存方法。みなさんも一度、家の冷蔵庫をのぞいてみて、間違った保存の仕方をしていないか確認してみましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。