フード・グルメ

【ヘルシー&満腹レシピ】お肉なしの「お麩じゃが」

【ヘルシー&満腹レシピ】お肉なしの「お麩じゃが」

こんにちは、お麸研究部部長のシラサカアサコです。
わたしが、お麩のことが気になりだして1年ちょっと。埼玉生まれ、埼玉育ちのわたし、子どもの時に食べたお麩はお味噌汁の具になっているものぐらいでした。
でも、お麩っていろんなお料理に使えるんです。たとえば、こんな!


お肉なしのお麩じゃが

所要時間:30分
材料:2人分

車麩...2枚
じゃがいも...2コ
玉ねぎ...1/2コ
ごま油...大さじ1

*A
しょう油、砂糖...大さじ2
酒...大さじ3
水...1カップ

つくり方

1.車麩はたっぷりの水(分量外)に10分つけてもどし、両手の平で挟んでギュッと水気をしぼり、4等分に切ります。

2.じゃがいもは一口大に切って耐熱容器に入れラップをして電子レンジ(500w)で5分加熱。玉ねぎはくし切りにします。

3.鍋にごま油を熱し車麩をサッと炒めたら、じゃがいも、玉ねぎ、Aを加え、煮立てます。湧いたら火を弱め、アルミホイルを落とし蓋かわりにして約10分煮込みます。

4.煮汁が1/3ほどになったら落し蓋をとり、ときどき混ぜながら、じゃがいもが柔らかくなり汁気がほとんどなくなるまで煮込みます。

今回は、うつわに五穀米をよそい、お麩じゃがをのせてワンプレートにしていただきました。味がしっかりしみ込んだお麩がとってもおいしいです。お肉なしでも十分食べ応えがあるし、なんといってもヘルシー。冷めると味がなじむので、お弁当にもぴったりです。

わたしがお麩に興味をもったのは、わたしが運営する献立ブログ「あさこ食堂」でこのお麩じゃがのレシピを紹介した時のことです。

このレシピを見たたくさんの方が、自宅でお麩のアレンジ料理をつくってくださるようになりました。みなさんのお麩への関心の高さやアレンジの素晴らしさを見るうちに、わたしもお麸への興味がふつふつと...。そこで、せっかくだから形に残したいという思いと、みんなでわいわい楽しいことができる場をつくりたい、昔の部活動のように...そんなことを考えていたら、いつのまにかお麸研究部をつくっていました。今では部員数798名。

こちらでは今後、そんなヘルシーでおいしいお麩のレシピをご紹介していきたいと思います。
みなさんもお麩レシピ、ぜひ挑戦してみてくださいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

シラサカアサコ

シラサカアサコ

お麩研究部 部長

1979年生まれ。エコール・キュリネール国立・辻製菓専門カレッジ修了。日本の伝統食材であるお麩の食べ方を研究・普及させることを目的とした「お麩研究部」を立ち上げ、お麩を現代風に楽しく広めていきたい! 部員やお麩をつくる人たちに幸せな気分になってほしい! をコンセプトに活動中。モットーは"ラクチンで楽しいごはん作り"。短時間でおいしくできる献立ブログ「あさこ食堂」を運営。著書に「あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん」(ディスカバー21)、「シラサカアサコ+お麩研究部のお麩ごはん。お麩おやつ。」(2014.2.1発売、主婦の友社)。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。