フード・グルメ

【勝手にランキング】フレンチフライのセレクトショップ!? アンド・ザ・フリットで食べてきた

【勝手にランキング】フレンチフライのセレクトショップ!? アンド・ザ・フリットで食べてきた

東京、広尾にフレンチフライの専門店アンド・ザ・フリット(AND THE FRIET)がオープンしたと聞いて、いてもたってもいられなかった編集部。ベルギーのじゃが芋や北海道のじゃが芋、それからさつま芋まで、様々な種類の芋を、様々なカットで揚げて食べさせてくれるというスタイルで、昨年12月のオープンから行列が絶えないとのこと。

と、いうわけで、アンド・ザ・フリットのフレンチフライを編集部が実食! ランキングを付けてみましたよ!

お店に向かったのは朝の11時をちょっと過ぎたころ。

広尾の駅を出てお店に向かっていると...

この行列は...もしかして...

やっぱり、アンド・ザ・フリット!

お店の中に入るとショーケースの中にたくさんの芋が。

今回いただいたのは以下の5種類。

  • 本場ベルギー産 ビンチェ種:カントリーカット
  • 国産季節限定じゃが芋 北海こがね:ストレートカット12mm
  • 国産薩摩芋 安納芋:ウェッジカット
  • 小じゃが芋 マチルダ:ハーフカット
  • リ・ポテト カーリーフライ:カーリーカット

それではさっそく、編集部で付けたランキングを発表しちゃいます!

第3位 小じゃが芋 マチルダ:ハーフカット

小じゃがを半分にカットして揚げているこちら。1片が大きいので、中はホクホク、ホロホロとくずれる感触がたまらないという感想が。食べごたえもしっかりあって、アンド・ザ・フリットのフライの中ではもっともそのままの芋に近いという印象でした。

第2位 本場ベルギー産 ビンチェ種:カントリーカット

ベルギー産のこちらのじゃが芋。3位の小じゃがとは好対象で、小さめにカットされたフライはしっとりとして、ほんのりじゃが芋の青さを感じる香りがします。軽くサクサクといくつでも食べられる口当たりにやられてしまった編集部員が多数でした。

第1位 リ・ポテト カーリーフライ:カーリーカット

クルクルとカールするようにカットされたこのフライが第1位! カールしていることでフライ油と触れる部分が多く、もっとも「フレンチフライ」っぽい! サクサク感が違う! などの意見がありました。

今回はじゃが芋のままの味を楽しむために、ディップを付けずにいただいたのですが、特製ケチャップから季節のディップまで、10種類が用意されているとのこと。

店内のカウンターで食べることも出来るけど、もしいっぱいなときには近くの公園で食べてみるのも楽しいですね!

お店の中にはこんな案内も!

アンド・ザ・フリット 広尾本店

  • 住所:東京都渋谷区広尾5-16-1 1F
  • 電話:03-6409-6916
  • 営業時間:11:30~19:30

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。