フード・グルメ

【一品凝縮レシピ】ミソスープ+フレッシュリーフでサラダミソスープ

【一品凝縮レシピ】ミソスープ+フレッシュリーフでサラダミソスープ

ある日、食卓の上のサラダとみそ汁を見て、一緒にしたらどうだろうとふと思ったのがはじまりのサラダミソスープ。温かいミソスープに冷たいサラダ、しゃりっとした食感はそれまでのみそ汁にはなかった新しい感覚。ドレッシングとスープが絡み合って味が変化していくおいしさ。これがこのミソスープの特徴です。

私はサラダを一度に入れるのではなく少しずつ入れる「つけスープ派」。休日の朝食にパンと一緒に食べたり、サラダにクルトンを入れたりと、粉ものとの相性もいいです。ドレッシングは市販のものでいろいろな味を試してみるのもよし。スープに使うみそはすっきりとした辛口ものがおすすめです。新しいサラダの食べ方、単なる横着者の発想ではありますが、ぜひお試しあれ。

調理時間:15分、2人分

  • 信州赤みそ...大さじ2弱  ※お家にあるみそで代用可。
  • 和風だし(和風のだしパックなどで)...400~500cc
  • 水菜、ルッコラなどお好みの野菜...ふたつかみくらい
ドレッシング
  • ゆずこしょう...小さじ1/2
  • ケッパー(刻む)...小さじ1
  • ディル(刻む)...少々 (あれば)
  • レモン汁...大さじ1~2
  • オリーブオイル...大さじ2~3

※市販のドレッシングで代用可

  • サラダ用の野菜は食感や風味があるものを混ぜるとおいしいです。

作りかた

  1. 野菜は食べやすい大きさに切り、ドレッシングの材料を混ぜておく。
  2. 小鍋にだしを温め、みそを溶いて温まったら火を止め器に注ぎ、ドレッシングで合えた野菜をのせていただく。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

口尾麻美

口尾麻美

料理研究家

アパレル会社勤務後、イタリア料理店を経て現在に至る。旅で出会った食材、道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。Amazigh(自由人の意)の名のように、ジャンルにとらわれない料理を提案。楽しいはおいしい!キッチンライフを楽しくおしゃれにするアイデアを書籍、イベント、料理教室を通して発信している。『これだけで完全食 ミソスープ』講談社他。
問い合わせ:asamikuchio(a)gmail.com

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。