フード・グルメ

【一品凝縮レシピ】女性ホルモンの強い味方・豆乳ミソスープ

【一品凝縮レシピ】女性ホルモンの強い味方・豆乳ミソスープ

みそと豆乳の組み合わせはみなさんもご想像の通り、相性抜群。寒い季節はポタージュやシチューなどちょっとクリーミーなテイストのものが欲しくなりますよね。しょっぱいだけではなくちょっと甘みも欲しいそんな時、お手軽にその両方を満たしてくれるのが、このミソスープ。豆乳の原料の大豆は消化しにくい食材ですが、豆乳に加工されることで消化吸収が良くなります。

調理時間 10分、2人分の材料

  • 信州白みそ...大さじ1
  • 豆乳...300~400cc
  • クルミ...適量

作りかた

  1. 豆乳を温め、お湯(分量外)で溶いたみそを入れ、混ぜる。
  2. 器に注ぎ、砕いたクルミをのせてできあがり。

大豆は胃腸にやさしく、体をつくる基本的な栄養素だけでなく、体の状態を調整して健康を維持してくれる機能性食品。女性ホルモンに似たイソフラボンも豊富で積極的に取り入れたい食材のひとつです。そんな女性にうれしい栄養たっぷりのこのスープ、砕いたクルミをふりつつ、ほっとひと息、ミソスープブレイクしてみてください!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

口尾麻美

口尾麻美

料理研究家

アパレル会社勤務後、イタリア料理店を経て現在に至る。旅で出会った食材、道具、ライフスタイルが料理のエッセンス。Amazigh(自由人の意)の名のように、ジャンルにとらわれない料理を提案。楽しいはおいしい!キッチンライフを楽しくおしゃれにするアイデアを書籍、イベント、料理教室を通して発信している。『これだけで完全食 ミソスープ』講談社他。
問い合わせ:asamikuchio(a)gmail.com

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。