フード・グルメ

ダイエット・美肌・インフルエンザ予防にも!? ヨーグルトは目的と菌で選ぶ

ダイエット・美肌・インフルエンザ予防にも!? ヨーグルトは目的と菌で選ぶ

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌にはさまざまな働きをするものがあります。そして実は、美容などの目的別にそれぞれ効果的な菌があるのです。今回は、効果別にヨーグルトに含まれる菌たちをご紹介します。

BB536株

生きたまま腸に届き、消化活動を活発にして便秘を改善するほか、免疫力の向上や花粉症の症状の緩和にも効果あり。

BE80株

酸に強く、他のビフィズス菌に比べても生命力のある菌。腸内細菌のバランスが改善され、食後の膨満感を改善する効果が。

LB81乳酸菌

便秘をやわらげ、肌荒れに効果があることも。

シロタ株

高い整腸効果があり、病原性大腸菌O-157の定着を防いだり、花粉症の症状をやわらげる働きも。大腸がんや膀胱がんの発がんリスクを低減する可能性もあると言われています。

LGG菌

生きたまま腸に届き、腸管に定着しやすいのが特徴。花粉症の鼻づまりを改善したり、子どものアトピー性皮膚炎の発症率を低下させる効果も。
内臓脂肪が減少! ダイエットに効果的な乳酸菌
また、研究により「ガセリ菌SP株」という乳酸菌に、脂肪を減らす作用があることが明らかになりました。脂肪が減るので、ウエストやヒップのサイズもダウン。特に皮下脂肪よりも内臓脂肪が減りやすく、病気のリスクを減らす効果も期待されています。

とはいえ、食べ過ぎも考えもの。1日200g程度にしておくのがよさそうです。また、この時期はからだを冷やしてしまうので、食べるときは少し室内において常温にしてから。トッピングにきな粉を合わせれば、鉄分やイソフラボンも同時に摂取できますよ。

(杉本真奈美)

[マイロハスより]

いかがでしたか。肌あれや花粉症対策など、多くの効果が期待できる乳酸菌にビフィズス菌。賢く選んで、健康的な生活を送りましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。