フード・グルメ

身体がポカポカ! 冷え性対策に抜群の簡単スープレシピ

身体がポカポカ! 冷え性対策に抜群の簡単スープレシピ

季節の変わり目にはなにかと体調を崩しがち...。まだまだ続く冬を乗り切るために、今回は、手軽にできるスープレシピをご紹介します。

カラダを温め、生命力を補う食材を積極的に

寒く乾燥した気候にあわせて、カラダを温める食材を意識的に摂るように。スパイスや辛みのある野菜が血行をよくしてくれます。

また、冬の寒さによって衰えた生理活動を維持し、活動が活発になる春に備えるために、「腎」の働きを助ける高麗人参ややまのいもなども。黒い食材は、腎を補うと考えられ、生命力と免疫力の源になります。野菜はミネラルを多く含む、根菜など旬のものを必ず火を通して温めて食べます。冷めたご飯やおかずは、必ず温めて食べるようにしたいもの。

冬の食材キーワード

  • 補養:滋養強壮効果で「腎」をサポート。
    高麗人参、もち米、やまのいも、えび、牛肉、羊肉、卵黄
  • 辛味:カラダを温め、血行をよくする。
    紅花、ういきょう、とうがらし、シナモン、しょうが、にら、ねぎ、にんにく、こしょう、山椒
  • 黒い食べ物:生殖能力や発育、ホルモンバランスに。
    黒きくらげ、黒ごま、黒米、黒豆、海草類、しいたけ、黒砂糖

簡単スープでおいしくカラダの中から温める

冬のスープ 昆布と黒きくらげのスープ レシピ

~動脈硬化、高血圧の予防に、免疫力アップに~

材料(2人分)

  • サラダ油 大さじ1
  • 豚肉 50g(ロース)
  • A:酒 小さじ1/2、醤油 小さじ1/2、しょうが(千切り) 1/4片分
  • 水 100ml
  • 昆布 2枚(約15cm)
  • 黒きくらげ(乾燥) 3g
  • 塩 小さじ1/2
  • 万能ねぎ(小口切り) 5cm
  • パクチー(小口切り) 2本分

下準備

※黒きくらげは、たっぷりの水に1時間浸して戻し、硬いところをとって5mm幅の細切りにする。
※豚肉は5mm幅の細切りにし、Aを合わせてよく混ぜ、10分間ほど漬け込む。
※昆布は、400mlの水(分量外)に浸けて戻し、千切りにする。戻し汁はとっておく。

作り方

  1. 中華鍋をよく熱し、サラダ油をなじませ、豚肉を入れて中火で炒める。
  2. 昆布の戻し汁と水を加え、昆布と黒きくらげを入れて強火にする。
  3. 沸騰したら中火にし、5分ほど煮たら塩で味を調え、万能ねぎとパクチーを散らして完成!

[レシピ転載協力]
毎日役立つからだにやさしい「薬膳・漢方の食材帳」薬日本堂・監修
(MYLOHAS編集部)

[マイロハスより]

どうでしたか? 薬膳スープというと手の込んだイメージがありますが、意外に簡単に作れるものなんですね。あったか薬膳スープで、体の芯から温まりましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。