フード・グルメ

断然おいしい、しかもカンタン。おひとり土鍋ごはんテク

断然おいしい、しかもカンタン。おひとり土鍋ごはんテク

みなさんは土鍋でご飯を炊いたことありますか? 水の量や炊く時間の調整などが難しいイメージがありますが、意外と簡単に、しかもおいしくできちゃうんです!

ごはんがもっと美味しくなる土鍋を使った炊飯。炊飯器と同じか、それよりも早い時間で炊き上がるのに何倍も美味しい、でもカンタン! となれば試してみるしかありません。こちらの動画では、5つ星お米マイスター、炊飯アドバイザーの隅田屋商店・片山さんが、土鍋で美味しくお米を炊くポイントを紹介しています。

ポイントのまとめ

  1. 水はお米の1.2倍量(浸水分も含む)
  2. お米は力を入れすぎず、5本の指をまわすように研ぐ
  3. お釜の底と米の間へ水を入れるように混ぜてから炊飯
  4. 蒸らしたあとは4等分して下から上へ天地返し
  5. 炊き上がったご飯は素早く別の容器(おひつ)へうつす

動画で使用しているのは、HARIOの土鍋「フタがガラスのご飯釜」。同シリーズの1合炊き専用は、ひとり暮らしやカップル向けサイズ。そのつど食べきれる適量が炊けるうえ、コンパクトで収納場所を選ばないのもうれしいところです。

炊飯中は「赤子泣いてもフタ取るな」と言われますが、慣れないうちは焦げていないか不安を感じてしまうもの。その点、ガラス製のフタなら調理中の様子が見ることができて初心者でも安心です。また、厚みのある形状が自然に「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」状態にしてくれるため、火加減の調整も必要ありません。野菜をたっぷり取りたい時は炊き込みご飯にしたり、食欲のないときにはおかゆなど、体調に合わせてアレンジを考えるのも楽しいものです。

疲れて帰っても、かんたん炊きたておいしいごはん

炊飯時間は8~10分、蒸らしを合わせても25分と「ただいま」 から「いただきます」までが短いのもポイント。帰宅後にセットしておけば、着替えや食事の準備をしている間にふっくらモチモチの炊きたて土鍋ごはんのできあがり! 寄り道も外食もせず、まっすぐ家へ帰りたくなるほどの美味しさです。

[マイロハスより]

25分でできるなんて驚き...! これなら遅く帰ってきた日でも、炊きたてのおいしいご飯が食べられちゃいます。いつもの食卓が楽しみになりそうですね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。