フード・グルメ

【元気を出したい朝に】納豆好きのための玉子焼き丼

【元気を出したい朝に】納豆好きのための玉子焼き丼

今日は、朝ごはんの定番、卵と納豆にちょっと手を加えた丼ぶりのご紹介です。お好みで、しょう油少しをかけてお召し上がりください! スライスチーズを入れて焼くと、グレードアップします。

調理時間:10分、材料:1人分

  • 納豆...1パック
  • 卵...1コ
  • しょう油...小さじ2
  • バター(マーガリンでもOK)...小さじ1
  • ご飯...お茶碗1膳分
  • ねぎ...適宜

作り方

  1. ボウルに納豆、卵、しょう油を入れ、箸で1分くらいフワフワの状態になるまでかき混ぜます。
  2. 小さめのフライパンにバターを溶かし1を入れ、弱火で焼きます。片面に火が通ったら半分に折って2分ほど焼きます。
  3. ご飯に2の卵焼き、ねぎをのせて、出来上がり!

私は、目でもおいしいものを作ることを大切にしています。だから、自分の料理をおいしく見せてくれる器と出会うとうれしくなります。よく、友人に「器すてきだね!器が違うだけで料理がおいしそうに思える!」と言われます。本当にそうですよね。料理のことだけ考えていると行き詰まることもあるので、わたしはお気に入りの器やテーブルクロスなどに、出来栄えを助けてもらっていることもありますよ。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

シラサカアサコ

シラサカアサコ

お麩研究部 部長

1979年生まれ。エコール・キュリネール国立・辻製菓専門カレッジ修了。日本の伝統食材であるお麩の食べ方を研究・普及させることを目的とした「お麩研究部」を立ち上げ、お麩を現代風に楽しく広めていきたい! 部員やお麩をつくる人たちに幸せな気分になってほしい! をコンセプトに活動中。モットーは"ラクチンで楽しいごはん作り"。短時間でおいしくできる献立ブログ「あさこ食堂」を運営。著書に「あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん」(ディスカバー21)、「シラサカアサコ+お麩研究部のお麩ごはん。お麩おやつ。」(2014.2.1発売、主婦の友社)。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。