フード・グルメ

スイーツで温活!スーパー野菜「長命草」を使った簡単ティラミスレシピ 

スイーツで温活!スーパー野菜「長命草」を使った簡単ティラミスレシピ 

1月、2月は1年で一番寒さが厳しく、冷え性で困っている方にとっては堪える時期ではないでしょうか。厚めの靴下を履いたり、お風呂にゆっくり浸かったり、外側から温める方法ももちろん大切ですが、普段の食事を通した温活も始めたいところですよね。

冷え対策に有効とされる栄養素はたくさんありますが、中でもポリフェノールは冷えに◎。ポリフェノールの一種である「ヘスペリジン」は血流などのめぐりにいいと言われています。さらにポリフェノールの一種「イソサミジン」と「ビスナジン」も体内のめぐりをサポートしてくれる栄養素。そう考えると、パワーベジタブルと言われる「長命草(植物和名:ボタンボウフウ)」はポリフェノールを豊富に含む注目の食材。さらに長命草にはポリフェノールだけでなくビタミンAやビタミンB2、カロテン、鉄分、食物繊維などの栄養素もバランスよく含有しているのもうれしいポイントです。

そこで今回は、料理にも便利な「資生堂 長命草<パウダー>N」を使った簡単でヘルシーなスイーツをご紹介します!

長命草とヨーグルトのティラミス

【材料】(2~3個分)
長命草パウダー 3包
水 120cc
プレーンヨーグルト 1/2パック(約200g)※水切り後:約100g
砂糖 大さじ2
卵 1個
市販のカステラ 3切れ

【作り方】
1. ヨーグルトはキッチンペーパーを敷いたザルにあけ、1晩ほどおいて約半量になるまで水切りをする。

2. 卵は卵黄と卵白に分ける。卵白に砂糖を2回に分けて加え、しっかりツノが立つまで泡立てる。

3. 卵黄にヨーグルトを加えてよく混ぜたら、2の卵白を2回に分けて加え、その都度ゴムベラで泡をつぶさないように混ぜる。

4. 容器に水で長命草2包を溶かす。

5. その中にカステラをちぎって浸したら、デザートカップの底にカステラを敷き詰める。その上に、3のクリーム、長命草を浸したカステラ、と交互に重ねていく。最後にクリームをのせ、表面に長命草1包をまぶしたら完成!

冷えは美容の大敵! こんなヘルシーなスイーツなら、罪悪感を感じることなくおいしく温活ができますね。 ぜひ、お試しください♪

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

北嶋佳奈

北嶋佳奈

フードコーディネーター

大学卒業後、フードコーディネーターアシスタントや飲食店勤務後、独立。美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで幅広く活動。現在、最新刊『デパ地下みたいなごちそうサラダ ベストレシピ』(宝島社)が発売中!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。