ヘルスケア・ダイエット

ちょっと待って!ファスティングの前に基本の食事を見直そう

ちょっと待って!ファスティングの前に基本の食事を見直そう

ファスティング(断食)をダイエットやデトックス目的で行う場合、実施する前に、まずは日頃の食事に意識を向けることが大切です。日々の出し入れ(食事の摂り方と定期的な体内の掃除)ができている前提で、次にトライしたいのがファスティングという大掃除だからです。

健康度がアップする食べ方とは?

誰でも簡単にできて健康度がアップする食事の摂り方は、消化に負担をかけないようにするために、ゆっくりよく噛んで食べること。また、これは意外かもしれませんが、楽しく食事をすることも実はとても大切です。なぜなら、ストレスが強い状態で食事をしても、交感神経が優位になり、胃腸がうまく働かず消化液の分泌も弱くなってしまうから。その結果、消化不良になったり老廃物を溜め込みやすい体質になってしまうのです。

"食べる時間帯"を意識してみよう!

実は1日24時間の中には、消化や代謝など体内で行われる活動でも得意な時間と苦手な時間が存在します。体内リズムを意識して、体に優しい食べ方を心掛けてみてくださいね。

  • 4時~12時...排泄の時間(食事をするなら消化に負担がかからないものを心掛けて)
  • 12時~20時...消化の時間(栄養豊富なバランスの良い食事をしっかり摂りましょう)
  • 20時~4時...代謝の時間(食べ終わったものを体内メンテナンスのために利用する時間。この時間はできる限りものは食べないのが理想です)

主食には米を選んだほうがベター

主食をパンにするか麺にするか、はたまたお米にするかで、それに合わせるおかずが変わりますよね。例えば、米が主食の場合はお浸しや煮物、漬物、納豆、お味噌汁などを選び、パンやパスタを食べる場合は、ついこってりとした洋風おかずが多くなりませんか? "カタカナ食"はカタカナおかずを引き寄せます。日本人の体は昔から食べ続けてきた米の消化が得意なんです。まずは主食を米にすることから意識してみると、健康な食生活を作り上げることができますよ。

以上のことを考えすぎて、食事がストレスにかわってしまうと本末転倒! ストレスを溜めないように、あくまでバランス良く食べることを心掛けてくださいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。