ヘルスケア・ダイエット

卵子って老化するの!?いつか生みたいなら、今から卵子環境を考えよう!

卵子って老化するの!?いつか生みたいなら、今から卵子環境を考えよう!

年々上昇傾向にある日本女性の出産年齢。2011年にはついに平均年齢が30歳を超えました。最近では35歳以上で初産を迎える方も少なくありません。見た目が若く見える30~40代の女性が増えていますが、いくら見た目が若くても、体内年齢は見た目では測れません。

卵子はいつ作られるの?

赤ちゃんの誕生は、子宮内での卵子と精子の出会いから。毎月、月経と月経の間に起こる「排卵」が出会いの始まりなのですが、その卵子はいつどこで作られているのでしょうか?

実は、卵子は体内で新しく作られているわけではないのです。卵子の元(原始卵胞)はなんとお母さんのお腹の中にいる胎児の時にピークの数を持っています。その数は約500~700万個といわれています。ですが生まれ出てくる時には、持っている数は約100~200万個とすでに減っているのです。初潮を迎える思春期のころには在庫は約30万個。そこから毎月、月経と排卵を繰りかえしていくのですが、排卵する卵子は1つでも、毎月減る卵子の数はなんと約1000個。それは1つの卵子を選ぶ前に候補生が多数選ばれ、そこから1つを選出するべく卵子のオーディションがあるからなんです。

卵子の在庫が眠るストックルームは快適ですか?

毎日約1億個の新しい精子が作り出される男性と違って、女性は生まれる前からすでに卵巣に入っている卵子の在庫をどんどん減らしているということ。そう考えると、卵子そのものの数よりも、在庫をストックしている卵巣、つまり子宮という臓器の状態によって、卵子の質や数が変わる可能性があることにも注意しなければいけません。

卵子の眠るストックルームの温度は快適でしょうか? きちんと栄養は届いているでしょうか? もし卵子と精子が出会えたら、その後約10か月滞在することになるホテルの居心地はどうでしょうか?

年齢とともに減っていく卵子。これを食い止めることは誰にもできません。でも、老化のスピードを遅らせるか加速させるかは、私たちの日ごろの食事や睡眠などの生活習慣や心のバランスも大きく関わってきます。「妊娠はまだ考えていないから」という若い女性も、常にストックルームとそこで眠る卵子の存在を忘れずに、子宮に優しい生活を心掛けていきたいですね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。