ヘルスケア・ダイエット

時間を変えるだけで痩せる!覚えておきたい食事のゴールデンタイム

時間を変えるだけで痩せる!覚えておきたい食事のゴールデンタイム

寝る前に食事をすると太ってしまうと言いますが、実は「脂肪のつきにくい時間」もあるのです。肥満の原因である「BMAL1」という成分の性質を知れば、その時間帯が分かるんだとか。

肥満原因物質「BMAL1」って?

BMAL1とは、人間の体内にあるタンパク質の一種。脂肪酸やコレステロールの合成をする働きをし、体内に脂肪を貯め込むのを助けます。

BMAL1は時間帯によって数が変わります。なので、BMAL1が多いときに食事をすれば太りやすく、少ない時間帯に食事をすると太りにくいのです。

太りやすい時間帯と太りにくい時間帯

では、太りたくないならば何時に食事をするのがいいのでしょうか?

BMAL1の数は明け方から減り始め、午後2?3時に最も少なくなります。この時間帯ならば、食べても脂肪が蓄積されにくいのです。なので、できれば少し遅めに昼食をとるのがオススメです。また、おやつを食べるならばこの時間帯がいいでしょう。

反対にBMAL1が最も増えるのは午後10時から深夜2時ごろにかけて。この時間は体が最も太りやすいです。夕食はこの時間にかからないよう、午後8時くらいまでに済ませましょう。


(紫たき)
[Glittyより]



遅めの昼食と早めの夕食で、深夜には食事をしないのがダイエットの近道。たとえば、深夜にしかどうしても食事ができない人も、BMAL1の性質を知っていれば夕方に軽食を食べて深夜は少なめにするなど工夫もできるはず。ダイエットを考えている人は、まずは食事の時間から見直してみましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。