ヘルスケア・ダイエット

5月病に効果的なポーズと呼吸法の組み合わせ

5月病に効果的なポーズと呼吸法の組み合わせ

ゴールデンウィークも終わり、もうすぐ6月だというのになんだかやる気が起きない...これってもしや、5月病!? なんて人は多いのでは? そんな気分を吹き飛ばす方法があるんです。

それが、心身の安定感を培う「英雄のポーズⅡ」と、左右の鼻腔交互に使いながらココロをゆったりと広げる「ハタ呼吸」。この2つの組み合わせを実践して心をリフレッシュさせましょう。

英雄のポーズⅡ

ヴィーラバドラ・アーサナⅡ/VirabhadrasanaⅡ
【主な効能】気持ちを落ち着ける、集中力を高める、ストレスの軽減。

  1. 両脚を肩幅の2倍ほど広げて立つ。
  2. 息を吸いながら、左足つま先を外側に向け、右のつま先は内側に向ける。
  3. 息を吐きながら、左ひざを曲げて腰を落とす。両手を肩の高さで広げる。
  4. 視線は左手中指の先、遠くの一点をソフトに見つめる。(3~5呼吸ほどキープ)
  5. 足を入れ替えて、反対側も同様に行う。

足の裏で大地を踏みつつ、下腹を引き締めることで下半身が安定。安定した土台から伸びやかな上半身の動きが作られることで、解放感も◎。ただし、上半身が前のめりになりやすいので、伸ばした後方の手を軽く後ろに引くようなイメージで、背骨を骨盤の真上に置くように重心を調節しましょう。

ハタ呼吸


【主な効能】心身の陰陽(興奮/鎮静)バランスを整える。

  1. 胡坐(あぐら)または正座、楽な姿勢で座る。
  2. 左手を膝の上に置き、右手は人差し指と中指を折り曲げて顔の前に置く。
  3. 親指で右鼻を閉じ、左鼻から息を吸う。
  4. 次に、右手の薬指で左鼻を押さえ、右鼻から息を吐く。
  5. そのまま右鼻から息を吸い、今度は右鼻を押さえて、左鼻から吐く。
    (これを1サイクルとして2~5分程度繰り返し行う)
  6. 両手を膝に置き、目を閉じたまま自然な呼吸で余韻を味わう。

効果的な呼吸のコツはリラックスしながら行うこと。吐く息ではカラダの緊張を抜き、吸う息では新鮮な生気(プラーナ)が、体内を満たすようなイメージで、心地よく繰り返しましょう。

[マイロハスより]

しっかりと両足を地面に付け、心を落ち着かせる呼吸法を行う。これだけで、前向きな気分になって5月病も吹き飛ばせるはず。みなさんもぜひ、実践してみましょう。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。