ヘルスケア・ダイエット

食事をしながらダイエット効果を得られる「DIT」って何?

食事をしながらダイエット効果を得られる「DIT」って何?

「DIT」という言葉を知っていますか?食事中に体脂肪が燃やされることで、身体が熱くなることをいいます。

このDITを上手く活用すればダイエットにも効果的なんです。さっそくその方法を見てみましょう。

DITとは何か?

食べ物が消化されるときには、胃や腸などの内臓が活発に動き熱を生みだします。このしくみが、食事誘導性体熱産生(DIT)です。

DITの働きは人によって異なります。食事のときに体が熱くなる人ほど、DITが高く脂肪が燃えやすい体質だと言えます。

DITを上げて痩せるには?

DITが最も上がりやすい朝食時に、温かいものを食べましょう。熱いハーブティや緑茶、ほかほかのご飯、おかゆ、雑炊などをとるのはとくにおすすめです。また、体を温めると言われている、しょうが、唐辛子を積極的に食事に取り入れるのもいいでしょう。

また、筋肉は熱を生みだしますので、筋力トレーニングを積極的に行い筋肉をつけるとDITが高くなります。腹筋、スクワット、ダンベル運動などを習慣にすると効果大でしょう。

食事は1日のなかで必ずしなくてはならないもの。どうせ食事をするのならば、カロリーをとるだけではなく、カロリーの消費もしたいものです。食事中にじんわり汗をかくことを目標にして、食事内容を見直してみましょう。

(紫たき )
[glittyより]

DITを意識して食事をすれば、キレイな身体にぐっと近づきそうですね。食事をしながらカロリーも消費。一石二鳥のダイエット法を試してみましょう。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)