ヘルスケア・ダイエット

夏美人のカギは、梅雨の冷え対策にアリ!体を芯から温めるハーブティー

夏美人のカギは、梅雨の冷え対策にアリ!体を芯から温めるハーブティー

ジメジメと蒸し暑い梅雨。額には汗や皮脂がにじんでいるのに、足先やふくらはぎに触れてみると、「冷たい!」という経験、ありませんか? この時季は、暑いと感じていても、通勤電車やオフィスでエアコンの影響を受け、自分でも気がつかないうちに、体に冷えをためこんでいることがあります。肩こりや頭痛、生理痛、むくみといった不調を引き起こす冷えは、女性にとって大敵!

また、「梅雨寒」という言葉があるように、季節外れの寒さにも要注意。日頃から体を冷やさないように気をつけることが、自然のリズムに合わせた養生法です。

体の内側からじんわりと温めてくれるハーブティーで、梅雨の冷え対策を抜かりなくおこないましょう。体内循環が良くなると、肌が生きいきとしてきてツヤ感のアップにもつながります。

ジャーマンカモミール

リラックス系ハーブの代名詞ですが、身体を温かく保つ働きがあることも知られています。ストレスや不安感をやわらげ、心身をほっこりさせてくれます。穏やかでやさしい味わいです。

サフラワー

「ベニバナ」の名で知られるハーブです。血行を促す作用があり、冷え性の方にオススメ。また、生理痛や生理不順にも効果を発揮するといわれています。フローラルな香りが特徴です。

シナモン

料理などで広く使われるスパイスです。全身の機能を活性化して、血液の流れを良くし、新陳代謝をアップする作用があります。ウッディな香りで、甘みのあるスパイシーな風味です。

梅雨が明けたとき、冷え対策をした人としなかった人の差は、体調と肌に表れるはずです。健やかな美しさは一日にして成らず。キラキラと輝く未来の自分は、今日の1杯から始まります。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。