ヘルスケア・ダイエット

なんて神ワザ!昔の人は経血を自由自在にコントロールしていた!

なんて神ワザ!昔の人は経血を自由自在にコントロールしていた!

毎月やってくる生理。最近では、吸収力の高いナプキンが市販されており、生理痛などで憂鬱になることはあったとしても、漏れの心配は少ないのではないでしょうか。でもこんな高性能なナプキンがなかった昔の人は一体どのように過ごしていたか、ご存知ですか?

昔の人は、経血はお手洗いで出していた!

実は、昔の人はみな、経血をお手洗いで出していたのです。それは何も意識してコントロールをしていたわけではなく、脱脂綿などを膣の入口に詰めてフタ代わりにし、腹圧で流れ出ないようにしながら、こまめにお手洗いに行っていたのです。

なぜそんなことができたのかというと、現代のような高性能なナプキンがなかったことが一番の理由。そのうえ、昔はエレベーターやエスカレーター、掃除機など現代のような便利なものがなかったため、足腰を動かす毎日の中で、膣をキュッと閉めたり、緩めたりと意識ができるだけの「骨盤底筋群」が発達していたのです。

「骨盤底筋群」とは骨盤の底にある筋肉で、子宮や膀胱、直腸を下から支えてくれています。この筋肉は年齢を重ねること以外でも、運動不足や出産でも弱り、それが原因で尿漏れや子宮脱などを引き起こすケースも。また、そういったトラブルがなくても、お尻が垂れ下がるなど、スタイルの崩れを引き起こします。骨盤底筋群を鍛えるメリットは経血のコントロールだけではないのです。

自己コントロールで生理が快適に!

現代人は、吸水性のいいナプキンに頼りきっているため、少々お手洗いにいくのが遅れてしまっても問題ありません。でもそれは言い方を変えると、垂れ流しの状態。自己コントロールできるほど、快適で楽しい生理はありません。

それでは最後に、簡単に鍛えられるエクササイズをご紹介します。

  1. 仰向けに寝て、膝を立て、両膝の間にタオルを挟む。
  2. 息を吸いながら、10秒くらいかけて、ゆっくりと膣を締め上げる。
  3. 息を吐きながら、10秒くらいかけて、ゆっくり緩めて、そのまましばらくリラックス。
  4. これを毎日10セット行います。

なかなかうまくはいかないかもしれませんが、続けることで少しずつでも自分の体に向き合うことができるようになるはずです。経血のコントロールはもちろん、骨盤底筋群を鍛えていつまでも美しく若々しい体を目指しましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。