ヘルスケア・ダイエット

知らなきゃ損!シェイプアップは「バックスタイル」を意識しよう!

知らなきゃ損!シェイプアップは「バックスタイル」を意識しよう!

荷物を持つのも歩くのも、人の動きで主に使うのは身体の前のほうばかりですよね。でも、他の人から意外とよく見られているのは「背中」や「お尻」のバックスタイル。背中やお尻がたるんでいると、後ろ姿も老けて見えがちですよね。そこで今回は、フィットネスクラブ「ティップネス」のパーソナルトレーナー浦谷美帆さんに伺った、日常生活で簡単に取り入れられるバックスタイルのシェイプアップ方法をご紹介します!

背中シェイプアップのコツは、腕の振り方にあり!

背中の筋肉の鍛え方は、歩くときに二の腕を使うのがポイント! 二の腕の近くに背中の筋肉があるので、腕をしっかりと後ろに引き上げるように振ると背中の筋肉が背骨に近づき、二の腕のつけ根の筋肉も引き上がります。

ゆっくり歩いたり走ったりすると腕の振り幅が小さくなるので、例えば駅から会社までの距離だけ腕を高くあげて歩くなど、工夫してみましょう♪ また、荷物を片方の手だけで持ち続けていると左右差で筋肉も偏るので、バランスよく交互に持つようにするのがGOODです。ちなみに、歩き始める前に、肩をよく回し(背中側で手をつないで肩を回す)、引き締めたい部分の筋肉を動かしておくと、筋肉を意識しやすくなり、より効果的なのだとか。

お尻のシェイプアップは、歩き方がキモ!

女性のセクシーさを強調する部分でもあるお尻のシェイプアップ。お肉がたっぷりついた部分でもあるので、たるみが目立つパーツですよね...。実はこのお尻、普段の歩き方を変えるだけでもしっかりと鍛えられちゃうんです! お尻の筋肉は、足を後ろに出したときに鍛えられるので、地面を後ろへ蹴るイメージで意識的に大股で歩いて引き締めるのが効果的! この歩き方、お尻だけでなく、太ももにも効くので一石二鳥ですよ♪ よりウォーキングを効果的にするために、いつもよりちょっと大きく速く歩き、引き締めたい筋肉(この時は太ももやお尻の筋肉)を意識すると、ウォーキング中もしっかり筋肉が動いてくれるそうです。

この二つのシェイプアップ方法は、ランニングやジョギングをするときにも応用できるので、バックスタイルをスラッ! プリッ!! と引き締めて、抜かりのないキレイをつかんでみてくださいね♪

【関連記事】その常識に待った!ダイエットが続かない理由は「思い込み」にあった!!(Beauty&Co.プレス)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。