ヘルスケア・ダイエット

手帳+レコーディングダイエットで怖いものなし!

手帳+レコーディングダイエットで怖いものなし!

毎日体重やボディサイズを測って記録する、レコーディングダイエット。
一般的なダイエットは、始めるときが一番モチベーションが高くて、だんだん下がる一方ですが、レコーディングダイエットは続けるほど楽しくなっていくのがいいところ。
また、記録しておくことで、自分の「太りやすいパターン」や「痩せやすい時期」なども見えてきます。

最近では、レコーディングダイエット専用のノートや、専用アプリ、壁に貼るグラフ表などもありますよね。でも私のオススメは、やっぱり普段使っているアナログの手帳!
バッグに入れて持ち歩き、いつでもどこでも手軽に書ける状態にすることで、3日坊主を避けられるからです。

特にリング式のバインダー手帳を使っている方は、インターネットで、「ダイエット・レフィル」などで検索すると、無料でダウンロードできるレフィルがたくさん見つかりますよ。

さて、それでは手帳を使ってレコーディングダイエットを行うときのコツをご紹介したいと思います。

ダイエット手帳術のコツ

理想のイメージを貼る!

憧れのモデルの写真や雑誌の切り抜きなどを、手帳のよく目につくページに貼っておきましょう。理想の体型や、痩せたら着たい洋服などを具体的にイメージすることで、モチベーションの持続力が断然UPします。

数字だけでなく、食事内容も記録

体重やボディサイズを記録するだけでなく、毎日の食事内容も書きとめておくことが重要です。これがしっかり習慣づくと、「おかわりしたい...! でも手帳に書くのイヤだから、1杯でやめておこう」と食欲をセーブできたり、「トンカツ食べたいけど...あ、今週は油っぽいものばかり食べてる!」と、食生活を見直すきっかけにもなります。

テンションが上がる手帳にしよう

ダイエット目標を達成したときのご褒美として、欲しいものの商品の写真や、行きたい場所の記事などを貼っておくと、より一層はげみになります。
また、カラフルな色のペンで書いたり、食事を腹八分目でやめられたときはご褒美シールを貼るなど、自分のテンションが上がる工夫を。

ときには戒めページも効果的?!

理想のイメージ写真を貼ってモチベーションをあげる一方で、自分が激太りしていたときなどの写真をあえて手帳に貼って、「あの頃の自分にはもう戻りたくない!」と自分を追い込むのも1つの手です。

ちなみに私の手帳には、市販のジュースやアイスクリームにどれだけのお砂糖が入っているのかが一目瞭然の一覧表も貼っています。

ついついスイーツに手が伸びそうな時、自分への戒めとして見るようにしています(笑)。
手帳術をうまく使って、本格的な夏が始まる前にぜひダイエットを成功させてくださいね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

須藤ゆみ

須藤ゆみ

あな吉手帳術認定校講師/フリーアナウンサー

元来ズボラで、うっかりミスや忘れ物が多かった日々が、「あな吉手帳術」に出会って、毎日が激変。家事や育児がスムーズになっただけでなく、仕事やお片付けなどにも手帳術を活用している。
現在は、手帳術講師の資格をとり、女性向けに講座を開催中。
あな吉手帳公式サイト 須藤ゆみ 個人ブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。