ヘルスケア・ダイエット

0カロリーなのに甘さは砂糖の50倍!美容効果バツグンのハーブティー

0カロリーなのに甘さは砂糖の50倍!美容効果バツグンのハーブティー

疲れたときに欲しくなるものといえば、スイーツ。スイーツを食べると、口いっぱいに甘さが広がって、幸せな気持ちになりますよね。でも、女性としては糖分や脂肪分、カロリーが気になります。そこで、甘いハーブティーでスイーツ気分を味わってみませんか? オススメのハーブは、「リコリス」です。

リコリスの甘さは、なんと砂糖の約50倍! ダイエット甘味料としても使われているほどです。もちろん、ただ甘いだけではありません! ハーブ(薬草)として、免疫力を上げ、抵抗力を強化する働きもあるといわれています。

夏から秋へと移り変わるこの時季は、疲れやだるさを感じやすく、体調を崩しがちです。自然の甘みがあるハーブティーで疲労感をやわらげ、心をほっこりとさせましょう。それでは、リコリスと相性がいい、ブレンド向きのハーブをご紹介します。

スイートマジョラム

神経を鎮めて、心の安定を取り戻す作用があるといわれています。心身の緊張をやさしく解きほぐすので、眠りを誘うナイトティーとしても◎。野性味があり、口の中がすっきりとする味わいです。

スペアミント

メントールが少なめですが、すぐれたリフレッシュ効果が期待できます。マイルドな清涼感が、ミントティー初心者にオススメ。ペパーミントに比べて甘みがあり、穏やかな香りが特徴です。

ブレンドの割合はお好みですが、甘みの強いリコリスは少量にすることがポイントです。

ハーブティーは、いつも私たちの身体にやさしく寄り添い、気分を上向きにしてくれる存在です。香りを楽しみ、色を愛で、ゆっくりと味わう。自然のチカラで自分を慈しむ時間は、心と身体を美しく整えます。ぜひ、日々の生活に取り入れてみてくださいね。

※リコリスは、多量・長期の服用には注意が必要です。また、高血圧や糖尿病などの持病がある方は使用をお控えください。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。